現役ヨガ講師が語るヨガの哲学とメリット!筋トレにもフィットネスにも。

Mika yoga 1st

スポンサーリンク

皆さん筋トレなどの運動を行っている理由はなんですか?ダイエットですか?筋肉をつけたいからですか?それとも健康のためのフィットネスとしてですか?

もしフィットネス目的で筋トレや運動を行っているというのであれば、以下にご紹介するお話は面白いかもしれません。

今回はフィットネスとしても長く人気のあるヨガについて、東京でただいま人気急上昇中の現役ヨガ講師であるMika Saikiさん(以降Mikaさん)にお話をお伺いしてきました。

Mikaさんは、ヨガの講師(ヨガのインストラクター)としての経歴もすでに5年あり、ヨガに対しする経験や見識も深いものをお持ちですが、なんといっても面白いのが、元学校の先生でもあり、その後、気象予報士として某テレビ局のお天気お姉さんをやっていたりと、一風変わった経歴があるところ。

そんなMikaさんに、現役ヨガ講師として、ヨガの哲学やメリットについて語ってもらいました。もしも、健康のために筋トレや運動を頑張っているとしたら、確認しておいて方がいいと思いますよ!

スポンサーリンク

Mikaさんがヨガの講師を始めたきっかけ

mika yoga 1

Mikaさんって過去に全く違うお仕事を経験されていて、現在はヨガの講師をされているんですが、なんでヨガの講師を始められたんですか?

そのきっかけや理由をもの凄く知りたいんですが、ご紹介いただけますか?

そうですね、結構変わってる経歴だと思います。

まずヨガの講師になる前の経歴を簡単に紹介すると、社会人1年目の時、丁度就職氷河期で、当時興味があった先生という仕事を高校でやっていました。しかし、元々理系でもあったため、その後気象予報士のテストを受けたら合格しちゃって。それで、某テレビ局で天気予報士としてお天気キャスターをしていました。

実はヨガは昔からやっていて、元々ヨガの講師になってみたいという思いはあったのですが、お天気キャスターって「賞味期限が短い」と思ったので、出来るなら先に経験すべきなんじゃないかと。

なので、まずは「お天気お姉さん」の仕事をしたわけですが、その後にヨガのお仕事を実際にやってみると、理科でもなく天気でもなく、ヨガについて伝えていくのが一番自分に合ってると思ったんです。ヨガの講師として社会の中で自分が役に立てると思ったし、ある意味自分の表現方法だとも思いました。だから、今こうしてヨガの講師をしています。

Mikaさんが考えるヨガの哲学について

mika yoga 2

なるほど、以前のお仕事も結構楽しそうだと思いますが、それを辞めてまでヨガの道に進んだってことは、Mikaさんは本当に昔からヨガを好きなんですね。

ちなみに、ヨガを好きになるといってもいろんな理由があるかと思うんですが、その中でもやはりヨガの哲学って大切だと思います。

Mikaさんが思うヨガの哲学とはどういったものなのでしょうか?

ヨガの哲学とは大きく分けると、体に関すること、心に関すること、そして周りの人や自然とのつながりという3つに分けられるかもしれません。

体の運動として

まず体の運動としてのヨガの哲学を簡単に説明すると、ヨガは特殊なポーズを行うことが多いです。つまり、普段取らないポーズを取ることによって、自分が使っていない体の場所を気づけるといったことになります。自分の体に対しての気づきのきっかけということですね。

心に関して「ヨガの目的は体操ではなくてメディテーション」

ヨガのポーズを通して体の運動をしていると、一つの動きに集中していきます。そうすると、意識が徐々に一点に集中するようになり、そして心の内側に意識を向けるようになってくるんです。つまりメディテーションですね。

例えば、お坊さんは心の修練という意味では熟練者です。そうすると、メディテーションをする時にすぐに出来ます。しかし、我々一般人の多くは未熟者であるがゆえに、まずは体から心という順番で進まないとメディテーションを上手く出来ないんです。

つまり、先ほど挙げた体の運動という点も、実はこの心のメディテーションにつながります。これが、ヨガの哲学の一つだと思います。

ヨガの哲学は自分と周りを繋げるというもの

そして、最後に自分と周りを繋げるというヨガの哲学についてお話していこうと思います。「Yoga for everyone」という言葉があります。つまり、ヨガはみんなのためのものという意味ですね。

実は、ヨガは「ユジュ」という「つなぐ」という意味を持った言葉が語源です。つまり、ヨガは体でいったら、呼吸とその他の動きを繋ぐ、そして心と体をつなぐ、最後に自分と他人、そして宇宙をつなぎ、宇宙と一つになるといったものが哲学としてあります。

そして、この大きな哲学を気づくには、ヨガをただやるだけではだめ。必ず続けることが大切なんです。逆に続けないとヨガはあまりメリットがないものになってしまいます。

なるほど、筋トレは体を鍛えて、心を成長させるということまでは言われますが、ヨガはさらに深いところまで見ているんですね。

ヨガのメリットとは?

Mika yoga 3

次に、Mikaさんが考えるヨガのメリットとはどのようなものでしょうか?我々筋トレをやっている人間からしても、ヨガのメリットを理解して、取り入れられるところは是非取り入れたいと思います。

はい、ヨガのメリットは多くのものがあると思います。そこで、私が考える大切な3つのメリットをご紹介したいと思います。

ヨガのメリット1)体が元気になる

これは筋トレでも同じことが言えるかもしれませんが、ヨガを続けていくと体が元気になります。

ヨガは体が柔らかくなるストレッチの効果だけでなく、筋トレと同じように筋肉がつく、そして体幹も強化されるといった効果があります。しかも、その効果は根源的なものだと思うんです。

例えば、エステのようなものでも、体を元気にすることは可能です。でも、これって即効性のものであって、根本的に何かを変えるわけではないので、効果は続かないですよね?

しかし、ヨガであればもっと深いレベルからじっくりと体を良い方向へ変えていきます。つまり、体の元気も持続するってことになりますね。

もちろんちゃんとやらないとダメだし、続けないとダメ。でも、しっかりとやれば身体面で大きな効果を得られるメリットがヨガにはあります。

ヨガのメリット2)心が穏やかになる

ヨガのメニューには、最後に「シャバーサナ」という時間があるのですが、これが実はとっても大事だったりします。もしかしたら、ヨガの中でも最も大切な時間かもしれません。

この時間というのは、メディテーションをする時間です。つまり、自分を内省したり、自分を外から客観的に見る時間ですね。他にも心を穏やかにする時間だとも言えます。人は本来、常にシャバーサナの時のような心の安静が必要なんですが、現代人は常に忙しい。だからこそ、この時間を使って、一旦心を本来の理想的な状態にする必要があります

こうすることで、脳が活性化されて、さらに客観的な視点を持ちながらもクリエイティブになったりもするんです。

これが、実はヨガを行う上で大きなメリットだったりします。

ヨガのメリット3)引き寄せ力がアップする

mika 5

これは私の経験からも思うんですが、ヨガを続けていると引き寄せる力が増すと思うんです。このことを説明するに当たって、以下の2点をまず考えていきます。

ヨガを行うと感覚が研ぎ澄まされる

ヨガを実践し続けているなかで、段々と自分の感覚が鋭くなっていくのが分かります。例えば他の人がどんな人なのか分かるようになったり、相手の思考などをキャッチしやすくなる気がします。

ヨガは思考のパワーを強化する

思考はすごくパワフルなものです。強い思考は相手にも伝わり、同時に自分の思考が高まると自分が持っている波長の周波数が高まって、同じような周波数を持った人が近寄ってくる気がしています。そして、その思考のパワーを強くするのが、ヨガによる集中力だったりします。

ヨガで引き寄せ力がアップするとはつまり

つまり、ヨガを続けると引き寄せの法則が起こってくるということは、次のような流れで説明出来ると思うんです。

ヨガをすると感覚が研ぎ澄まされてくる>>>感覚が研ぎ澄まされるので集中力も高まる>>>思考のパワーが強まる>>>自分の周波数が高まり同じ波長の人が寄ってくる>>>チャンスが増える>>>思考が実現する

これが、ヨガの持つ引き寄せの法則のメリットだと思います。

ヨガをおすすめしたい人とは?

13014954_822737227830462_736231368_n

いや〜、Mikaさんのヨガのお話って本当に深いですね!ヨガのメリットに引き寄せる力までありそうだなんて、想像してませんでした。

そんなヨガをMikaさんはどんな方々へおすすめしたいと考えていますか?

ヨガをおすすめしたい人も、細かく見ていくとたくさんに分けられてしまうかと思うので、ここでもまた主におすすめしたい3つのパターンに分けて説明しますね。

日常生活で忙しい上に心のコントロールが難しい人

まず、日常生活で忙しい人の中でも、心に関してはまだまだ「未熟」な人に是非ヨガをおすすめしたいですね。

「未熟」という点をもう少し説明すると、例えば活躍している経営者のように、忙しいのにしっかりと自分の心をコントロール出来る人はそれで良いと思います。

しかし、そうではない人達。つまり、忙しい上に心のコントロールが出来なくて、自分の心や体の声を聞く暇がない人達は絶対にヨガをやってみるべきだと思いますね。

食わず嫌いな人

次に、「自分はヨガなんか」と思っている人ほどやって欲しいですね。

多くの男性がヨガは女性のエクササイズだと思っているかもしれません。でも、例えば10年前に女子サッカーは当たり前ではなかってけど、今は当たり前ですよね?

ヨガは性別は関係ないものです。なので、「ヨガってこういうものだよね」とか「ヨガに興味はあるけど、ちょっと自分には」とか変な敷居を持っている人に試してもらいたいですね。

それと、「周りの人が気になるから」と思っている人。ヨガは周りの人から見られるものではありません。ヨガは自分を見つめるものであり、他の人が周りを見ているということであれば、それは間違い。

なので、なんとなくヨガに対して敷居を作ってしまっている人こそ、ヨガをやってもらいたいです。

自分にコンプレックスを抱えている人

最後に、自分にコンプレックスを抱えている人にこそヨガをおすすめしたいです。

ヨガは自分の内面の穏やかさを見つけるものです。また、ありのままの自分を見つけるものでもあります。このありのままの状態を「真我」と言います。実は赤ちゃんの時こそ真我に一番近い状態なんです。

実は私たち人間は、大人になればなるほど、周りの常識や社会の価値観がどんどんくっついてきて、ある意味自分が勝手に鎧を着ているような状態になります。こうなると、どんどんコンプレックスが生まれて自分が嫌になってしまいます。

真我はそれだけで偉大な存在です。その真我に到達するために、自分を見つめていけば、一人一人の良さを見つけることも出来るし、ありのままの自分を受け入れることにもつながります

そうすれば、コンプレックスなんて消えてしまいますよ!

Mikaさんありがとうございます!

おうちヨガの本だって

一緒に読んでおきたい記事

いかがでしたか?

元お天気キャスターで現役ヨガ講師のMikaさんから、ヨガについて色々とお話を頂きました。

こうしてみると、ヨガって本当に奥深いものなんですね。筋トレで筋肉を鍛えながら、ヨガも行っていけば、体だけではなくて精神面でも大きな飛躍を見込めそうです。

もしMikaさんから直接ヨガの指導を受けたければ、下にMikaさんの公式ブログなども記載しておくので、是非ご覧になってください。

ぴろっきーでした!

Mikaさんについて

12992960_822735477830637_1580266340_n

前職は高校の理科教員と気象キャスターとして経歴をもつ異色のヨガ講師。ヨガ講師としては2011年以降から現在まで活躍中。

その他にもニューヨークへヨガ留学へいったり、Yoga Journeyとしてアメリカのヨガ研究のためにNY – LA – SF間を周る。

2016年現在はYES TOKYO(中目黒)のスタジオディレクターとして活躍中。


(保持関連ライセンス)

  • Jimmy Barkan Hot Yoga Method(フロリダ)
  • Strala Yoga(ニューヨーク)
  • Atmananda Yoga(ニューヨーク)

スポンサーリンク

シェアする