糸井嘉男の筋肉を画像と共に筋トレ野郎が解説!トレーニングの熱量は超一流

糸井嘉男の筋肉を画像と共に筋トレ視点で見ていきます。筋肉の特徴だけではなく、熱量がハンパないトレーニングの特徴も一緒に確認してみましょう。

yoshio-itoi-1st

スポンサーリンク

糸井嘉男の筋肉はエクセレントです!


筋肉のことを四六時中考えていて、筋肉をとにかく大きく強くしていこうと考えている筋トレ野郎達。

そんな筋トレ野郎達の憧れの存在と言えば、筋肉もしっかりとついていながら、実戦においても優れた動きを見せる人。つまり、見せかけだけの大きな筋肉ではなく、実用的なパワーを出せる筋肉を持ったリアルアスリート達。

そんな筋骨隆々のリアルアスリートの一人に糸井嘉男がいます。

糸井嘉男は、日本のプロ野球選手の一人で、現在はオリックス・バッファローズに所属している選手。ファンにも愛され「ヨッピ」の愛称で呼ばれており、2016年現在、首位打者1回、ゴールデングラブ賞6回など、他にも多くの記録を持っているトップ選手です。

その糸井嘉男、実は筋肉でもかなりイケてるかもしれないんです!

今回は、筋肉LOVEで筋肉のことを考える時が一番幸せという筋トレ野郎達に、糸井嘉男の筋肉の素晴らしさを画像と共に紹介していきます。トレーニングの特徴なども軽く触れていくので確認してみましょう!

スポンサーリンク

糸井嘉男の筋肉

前腕の筋肉は針で刺したくなるレベル!!!

yoshio-itoi-forearm

上の糸井嘉男の筋肉画像を見てください。糸井嘉男の筋肉の中でも、彼の前腕の筋肉の張り具合が超ステキだと思うんですよ!

なんといっても、その筋肉を張りで刺したら「破裂するんじゃないの!?」ってぐらいむき出しになっている点。

前腕が太い野球選手は結構たくさんいます。ボールを返球する時の手首の返しや、バッティングのときにバットをたたみかける動きは、前腕の筋肉が必ず大切になってきますからね。

もちろん糸井嘉男も例外ではなく同じように前腕の筋肉が発達しているんですが、そのレベルは他の野球選手と比べてもさらに上を行っている気が・・・。

もうなんていうか、そこだけメタル仕様なんじゃないの!?って言うぐらい、カチカチに筋繊維がむき出しになって、強烈な印象を出しまくりなんですよ。

体脂肪率がどうこうとかのレベルではなくて、糸井嘉男は明らかに前腕の筋肉を鍛えまくってそうなのが分かります。

もう「針でぷちっとすると、パーン!!」ってなるようなイメージが湧く前腕じゃないですか?一度、その筋繊維の溝を指先で触ってみたいですー!

上腕二頭筋の収縮力もハンパない!?

yoshio-itoi-bicep

野球選手って、そこまで力こぶの筋肉である上腕二頭筋は必要ないと思うんですけど、糸井嘉男の場合は、その上腕二頭筋だってしっかりと鍛え抜かれています。

上の画像を見ると見事に盛り上がったその力こぶに、筋肉大好きな筋トレ野郎達は、萌まくるんじゃないかと・・・。

肘関節を屈曲させて力を入れれば上腕二頭筋がしっかり盛り上がっていくあたりは、普段のトレーニングの中でもしっかりと鍛えられている証拠ですね。

とは言え、野球において上腕二頭筋は、手首を外側に回す回外動作ぐらいにしか使わないと思うので、なぜここまで良い感じに上腕二頭筋が発達したのかは謎。

もしかしたら野球に関係なく普段から個別に筋トレをしていて、その中で上腕二頭筋も鍛えているのかもしれないですね。

運動機能を高めようとしたら筋肉のバランスも大切。そのため、いくら上腕二頭筋があまり大きく活躍しない野球だからといって、他の筋肉がある程度大きいのであれば、バランスを調整するために多少は鍛えておいた方が良さそうですからね。

糸井嘉男にはそんな考えもあるのかも。

それにしても、この上腕二頭筋の発達具合は、筋肉好きにとってかなり好感度が高いと思われますよ!

大胸筋の盛り上がりからしてアメリカンヒーロー!

yoshio-itoi-chest

糸井嘉男って身長も187cmと元々外国人にも負けない大柄な体格をしているんですけど、それに加えて胸の筋肉である大胸筋の盛り上がりが一緒になると、まさにアメリカンヒーローを地でいく筋肉の雄になるんですよ。

上の画像なんかだと、そもそも着ているTシャツがスーパーマンのものだったりと、もう「リアルにアメリカンヒーロー目指してるでしょ!?」って突っ込みたくなるレベルです。

最近なんとなくアメリカンヒーローものの映画なんかが増えてますが、それを日本人で体現できるのは糸井嘉男だけかと。

糸井嘉男の大胸筋はかなり鍛えられていることがわかります。そして、恐らく大胸筋に関しての筋トレ、又はトレーニング歴は相当のものになるんじゃないですかね?

上から下までまんべんなく発達して、しかもユニフォームがはち切れそうになるほど大胸筋発達している様は、本当にヨダレものです!

さりげな~く、ワキのすぐ下が発達しているあたりを見ると、普通のベンチプレスじゃなくて、ワイドグリップベンチプレスなんかを高負荷で行っていたりするんじゃないですかね?

本人的にはいたって単純に、パワーアップを狙った結果だと思いますが、見た目の迫力がそれ以上になってるんじゃないかと思いますよ!

ふくらはぎの筋肉が糸井嘉男のパワーの源かも!?

yoshio-itoi-calf

出典:四国ニュース

糸井嘉男って体も大きくバッティングでのパワーにも優れているかと思うんですけど、実はその糸井嘉男のパワーの源ってふくらはぎの筋肉なんじゃないかと思うんですよね。

糸井嘉男の下腿部は、身長が高いこともあり長め。そのため腓腹筋やヒラメ筋といったふくらはぎの筋肉も、合わせて長くなっているはず。

この二つの筋肉は、立ち居の姿勢において体を安定化させるためにも大切だったり、つま先に力を入れて踵を上げるような動作では、瞬発的な力を発揮するためにも大切。

元々のふくらはぎの筋肉が長いということは鍛えるのは大変だけど、しっかりと鍛えて太くすることが出来れば、その分全体的な体積も大きくなり、ふくらはぎが短い人に比べて大きなパワーを発揮していけることにもなります。

糸井嘉男の筋肉を見るとき、一般的には上半身にばかり目がいってしまいそうですが、実はふくらはぎの筋肉にも注目すると、「糸井嘉男がなぜ優れた身体能力を持っているのか?」、そして「なぜ全身のパワーを打撃のインパクトへ効率よく乗せられるのか?」が分かるんじゃないかと思いますよ。

まあ、筋肉LOVEな筋トレ野郎的視点として参考程度にしておいてください。

糸井嘉男のトレーニングってどんなの?

毎日トレーニングに励んでいる!?

yoshio-itoi-training

出典:ツイセーブ

糸井嘉男の筋トレやトレーニングについて調べていくと、どうやら糸井嘉男は、毎日何かしらトレーニングをやっているっていうハンパない特徴が見えてきます。

毎日トレーニングをするアスリートと言えば、体操の内村航平や筋トレで言えば、ベンチプレッサーの児玉大紀なんかもたまに話題に上がります。

しかし、プロ野球選手で毎日のように筋トレやトレーニングをする選手なんて、イチロー(今はメジャーなので厳密には違う)ぐらいじゃないですか?

対人競技の野球は、その競技システムの構成上、まずシーズン中は毎日試合があるとも言っていいぐらい。そのため、長期のシーズン中において、常に一定以上のパフォーマンスを出すために、怪我のリスクのある筋トレやトレーニングを毎日行うといったことはほとんどありません。

しかし、糸井嘉男の場合は野球のトレーニング同様に、筋肉のトレーニングも毎日のようにおこなっているとか!?(真偽は分かりませんが)

それだけ絶え間なく筋肉を緊張させることの繰り返しによって、あのアメリカンヒーローのような体に仕上げてきたんですね。

走り込みの量がヤバいらしい!?

yoshio-itoi-running

糸井嘉男のトレーニングのもう一つの特徴を挙げると、その走り込みの量を挙げることが出来ます。言い方によっては、「胃袋が口から出るほど」走り込みに力を入れているらしく・・・。

例えば、合宿中のトレーニングにおいて足場の整わない砂地を走る時に、通常であれば下半身がそろそろダルくなってきた、肺が苦しくなってきたという程度まで走りこむのが一般的。

しかし糸井嘉男の場合、さらに走り込みまくって体が低酸素状態になり、胃が体から飛び出してくるような感覚になるまで追い込んでいくみたいですよ。

いや〜、想像しただけで吐きそうになるトレーニング強度ですね。

実はぴろっきーの知り合いに、元スピードスケートの清水宏保と同じ場所でトレーニングをしていた方がいるんですが、その人から「清水宏保は失神するまでトレーニングしていた」という話は聞いたことがあります。

糸井嘉男の胃が口から飛び出すほど走るというのは、それと同じようなレベルじゃないかと。

糸井嘉男はトレーニングにおいては、とにかく追い込まないと気が済まない性分なんですかね?

筋トレでいえば「ヘビーデューティートレーニングに行きつく感じ」といった感覚だと思いますよ!

なんじゃこりゃ!こんなんあったんか!

糸井嘉男の筋トレやトレーニングから参考にしたいこと

yoshio-itoi

糸井嘉男の素晴らしい筋肉や、その筋肉を作り上げてきた筋トレやトレーニングの特徴をみてきましたが、我々一般人でも参考にしたいポイントとして、その表に出ない部分で死ぬほど猛烈なトレーニングをしているという点が挙げられるかと思います。

一番大事なこととして、表舞台で活躍している瞬間なんてのは、普段の練習を含めればほんの一瞬のこと。

その一瞬のために、基本的な基礎トレーニングをとことん地道に積み上げるっていう姿勢が、一流か凡人かの差になるような気がします。

毎日のように苦しい練習を当たり前のようにこなすというのが、一流のアスリートになるためには必要最低限の条件なんじゃないかと思うんですよね。

もちろん、これは筋トレにも言えることで、周りに理想とする筋肉を持った人がいたとして、その人は、その筋肉を作るため、そして維持するために、日頃から絶え間ない筋トレを行っているんじゃないかと思いますよ。

とにかく単調なことを毎日コツコツと積み上げることの出来る人間が、ド派手なホームランを一発撃つことが出来るんだと思いますよ!

次の有名人の筋トレ・筋肉記事もおすすめ!

糸井嘉男の筋肉を画像と共に筋トレ野郎が解説!トレーニングの熱量は超一流のまとめ

糸井嘉男の筋肉やその筋肉を鍛えた筋トレ・トレーニングの特徴を画像と共に見てきました。

もしも、今自分の体を肉体改造して一流レベルにまで高めたいなら、糸井嘉男のトレーニングに向き合う姿勢なんかはとても参考になるかもしれませんね。

将来日本が世界に誇れる筋肉ヒーローを目指してもらうためにも、糸井嘉男の筋肉の発達をこれからも応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする