腹筋を簡単に割る・引き締める”かもしれない”筋トレ方法とは!?



腹筋を簡単に割ったり引き締めたりするために効果的かもしれない方法を9つ紹介していきます。少し変わった方法で、腹筋をより効果的に鍛えていきましょう!

「腹筋を簡単に割りたい!」

「腹筋を簡単に引き締めたい!」

と思っても、効果を出していくためにはそれなりに負荷の掛かる筋トレや、摂取カロリーがオーバーし過ぎないような食事管理をしていく必要があり、そんな簡単に成果を出していくことは出来ません。

しかしだからと言って、頭を切り替えて普段の生活にクリエイティブなアイデアを取り入れていけば、もう少しだけ簡単に、腹筋を割ったり引き締めたりすることが可能になるかもしれません。

今回は、腹筋をもうちょっとだけ簡単に引き締めたり割ったりするために、効果的「かもしれない」少し変わった方法を9つ紹介していきます。

普段の筋トレや食事管理に加えていけば、成果を出すまでの時間を短縮出来るかもしれませんよ!

スポンサーリンク

腹筋を簡単に割ったり引き締めたり出来るかもしれない筋トレ(?)方法

腹筋を簡単に引き締めるなら「バランスボール椅子」がカギ?

表面が不安定な物の上に座るとお尻がキツかったり、なんとなく全身の力が安定した場所以上に必要になると感じたことってありませんか?

実は、この「不安定な表面の上に座ったり立ったりすること」こそが、腹筋を簡単に引き締めるためのカギになるかもしれません。

というのも、不安定な表面で姿勢を維持するということは、その分全身の筋肉が常に微調整しながら働いて力を出していくことになるから。

そのため、腹筋を割ったり引き締めたりする筋トレに取り組んでいるつもりはなくても、いつの間にかちょっとした腹筋を引き締める運動になっちゃってると言えるんです。

そこで、腹筋を簡単に割ったり引き締めたりするためにも、この働きを利用して取り組んでいきたいのが、普段使っている安定した椅子の代わりに、バランスボールを椅子として利用してみる方法。

不安定なバランスボールの上に座れば、それだけで腹筋も含めた体幹の筋肉が細かくも盛んに関与してくること間違いなし。

結果的に、たったこれだけで、腹筋を少しだけ簡単に、引き締めたり割ったりすることが出来るようになると思いますよ!

水を飲むのは簡単に腹筋を割るために良い!?

腹筋を引き締めたり割ったりするために、最も必要なことって知っていますか?

それは、単純にお腹周りの脂肪を落としていき、いわゆるシックスパックの筋肉である腹直筋の表面を外からも見えるようにしていくこと。

つまり、全身の体脂肪を落としていけば、お腹周りの体脂肪も一緒に落ちて、自ずと腹筋が引き締まったり割れたりしてくるってことです。

この点を考えた場合におすすめなのが、「水を積極的に飲む!」という工夫。

特に、食事を開始する前にコップ1~2杯程度の水を飲んでおくことで、少しだけ膨満感を増やすことが出来、その後の食事で食欲を抑えて暴飲暴食を防ぎやすくなり、結果的に体脂肪が付いてしまう可能性をあとちょっとだけ下げることにつながります。

水を飲むだけなので気軽に取り組んでいけ、少しだけ腹筋を割るのを簡単に出来る、ちょっとしたポイントだと思います!

筋肉に意識を向ければ腹筋を効率的に鍛えられる!?

筋トレ用語で、マインドマッスルコネクション(マッスルマインドコネクション)という言葉を知っていますか?

これは、直訳すれば「心(マインド)と筋肉(マッスル)のつながり」という意味で、もう少しだけ詳しく解説すると、ある動作を行っている最中に、その動作の中で動かす筋肉へ意識を置きながらトレーニングしていくと、筋肉増強の効果を高めることが出来るというもの。

そこで、腹筋をより効率的に鍛えて、より簡単に引き締めたり割ったりしていくためにも抑えておきたいのが、腹筋の筋トレに取り組む際には、腹筋の動きを感じながら意識的に収縮させたり弛緩させたりしながら、いつもの動作を繰り返していくという方法。

こうすることで、普段と変わらない腹筋の筋トレであっても、より効果
を高めていくことになるはずで、簡単な腹筋トレーニングであっても、いつも以上に腹筋の引き締めや、腹筋を割る効果を期待していけることになります。

トレーニングマスクで低酸素トレーニングにすれば腹筋を簡単に割れるかも?

低酸素トレーニングは、その名前からも分かる通り、普段の生活で利用する空気より低い酸素密度の環境下で行うトレーニング。

例えば、マラソン選手などが取り入れる高地トレーニングなどが該当します。

この低酸素トレーニングは有酸素運動能力をアップさせる効果が非常に高く、同じ運動を行った場合、通常の環境と比較して、酸素を運搬する能力を大幅にアップすることが出来ます。

そして、この酸素を運搬する働きには細胞内に存在するミトコンドリアが関与するため、有酸素能力が高まるということは、ミトコンドリアの働きを活性させるということでもあると言えます。

ここで抑えておきたいのが、

ミトコンドリアは炭水化物と体脂肪をエネルギーとして増えていくので、ダイエットにも効果的

(引用:GIZMODO

だということ。

つまり、普段のトレーニングの中で、この低酸素状態を多少なりとも実現でき、ミトコンドリアが活性化して増えてくれば、より効果的に腹筋の引き締めにつながることになるわけ。

そこで利用したいのがトレーニングマスク

トレーニングマスクは、運動時に顔に装着することで、呼吸量を制限し、高地トレーニングのような低酸素状態を擬似的に作り出せる器具。

結果として、普段と同じトレーニングを行ったとしても、有酸素能力を高めることにつながり、それが上で説明した流れでお腹周りの脂肪燃焼にも結びついてきます。

トレーニングマスクで低酸素状態を作って運動をしていけば、より簡単に腹筋を割れるかもしれません!

※トレーニングマスクを装着して低酸素状態を作り激しいトレーニングを行うと、めまいがしたり意識が朦朧としてくることがあります。その場合は、即座に外してトレーニングを一旦中止するなど、注意しながら利用していきましょう。

みんなでやれば簡単に腹筋を割れちゃう!?

腹筋を簡単に割るために、グループやパートナーと一緒に腹筋の筋トレに励んでみるというのも一つの方法になるかも。

というのも、グループやパートナーと一緒にトレーニングを行っていると、人によっては徐々に闘争心が湧いてきて、頑張っているつもりはなくてもいつの間にか、普段以上にトレーニングへ励んでいるなんていうことが良く起こるから。

その結果、腹筋の筋トレをやっているなら、普段以上に腹筋へ負荷を掛けて刺激することが出来たり、全身運動や有酸素運動であれば、いつも以上に多くの回数や長い時間取り組むことで、お腹周りの脂肪を含めた体脂肪全体を燃焼していけることになります。

そのため、特に誰かと運動をするとなんとなく闘争心に火がついてしまうタイプの人は、積極的に他の人と筋トレなどに取り組んでみるのが、より腹筋を簡単に引き締めたり割っていくためには良いかもしれません!

温度調整をすれば腹筋が簡単に割れちゃうの!?

普段何気なく過ごしている快適な気温。

その気温をちょっと寒く感じるぐらいに下げて過ごすというのも、多少なりとも簡単に腹筋を割ったり引き締めたりすることにつながるかも。

人間は恒温動物であるため、外の気温に関わらず、36~37度ほどの体温を保ちつづけようとします。

これはつまり、外の気温が下がれば下がるほど、人間の体は体内に蓄積された体脂肪などのエネルギー源を燃焼していかなくてはいけないという意味であり、同じことをしていたとしても、寒い環境にいる間は、その分多くのカロリー消費をしていくことになります。

つまり、お腹を引き締めるためにも大切な、お腹周りの体脂肪を落とすということを考えた場合、普段生活している温度を下げるだけで、カロリー消費が多くなって無駄な体脂肪燃焼にもつながってくると言えるかもしれないってこと。

もちろん寒すぎる温度の中で生活するのは、逆に健康を害することになるため論外だとして、温度を少し下げて過ごしてみるというのも、腹筋をより簡単に引き締めたり割ったりするためにはアリかもしれません!

芳香剤をユーカリの香りにすると腹筋が簡単に引き締められるんですか!?

普段、部屋の中やトイレの中、または車の中の匂いを良くしようと芳香剤を利用しているなら、その芳香剤をユーカリの香りがするものに変えると、腹筋を簡単に引き締めるために効果的かもしれません。

というのも、オーストラリアのアデレードにあるフリンダース大学(Fliders University)の研究結果によると、ユーカリの香りは、チョコレートなどの高カロリー食品に対する食欲を下げる効果があるらしいから(参照:Eucalyptus Oil.com

これはつまり、

  1. ユーカリの匂いを嗅ぐ
  2. 食欲が抑えられる
  3. 無駄な体脂肪の蓄積を抑えて燃焼させる
  4. お腹周りの脂肪が落ちる
  5. より簡単に腹筋を割ったり引き締めたり出来る

という流れで、効果は少しかもしれないけど、より簡単に腹筋を割る、または引き締めることに繋がってくると言えそうだということ。

塵も積もれば山となるではないですが、こうした小さな積み重ねが簡単に目標を達成するためには大切かもしれませんよ!

つま先立ち歩きをしてみるのも腹筋を簡単に引き締めるのに良いの?

腹筋を簡単に引き締めていくためにも、日常生活で何気なく歩いている時に、あえてつま先立ちで一定の距離を歩いてみるのも効果的かも。

アメリカのユタ大学によると、人間が通常歩く際には、カカトから先に足を着いて前進していくことになるけど、カカトの代わりに足指の付け根にある母指球から最初に着くようにすると53%、足指から先に着くようにすると83%以上も多くエネルギーを消費するようになるそう(参照:The University of Utah

ということは、普段歩く際にちょっと意識して、一定の距離や時間を、つま先立ち歩きしてみるというのは、通常の歩行よりカロリー消費を激しくして、腹筋を覆っている脂肪をより簡単に落としていくことが出来ると言えそう。

普段歩く機会が多い人は特に、つま先立ち歩きを意識してみると、腹筋をより簡単に引き締めていけそうですよ!

スタンディングデスクは確かに良いかもね!

毎日PCの前で仕事に励むオフィスワークが主な人にとって、ずっと机の前に座っているのは辛いものですよね?

もしそうだとしたら、机の高さを変えられ、立った姿勢でもパソコンなどに向き合って仕事が出来るスタンディングデスクを利用していくと、座り疲れを軽減しながら、同時に腹筋を簡単に割っていくのに良いかも。

立った姿勢を維持することは、座った姿勢を維持するのに比べて、明らかに消費カロリーが増えるわけで、その点からして腹筋の上を覆っている脂肪をより簡単に落とすためにも効果的。

また、立って姿勢を維持するためには、背もたれがある椅子に座って姿勢を維持するのに比べて、より体幹周りの筋肉が働くことになるため、この点でも腹筋の筋肉を使って、多少なりとも腹筋を引き締めたり、割っていくために効果をアップ出来ると言えます。

腹筋を簡単に引き締めたり割ったりするためにも、オフィスでの仕事が多い人はスタンディングデスクを利用してみましょう!

 

SIXPAD忘れてた!

次の筋トレ記事もおすすめ!

腹筋を簡単に割る・引き締める”かもしれない”筋トレ方法とは!?のまとめ

腹筋をより簡単に割ったり引き締めたりする効果を高められるかもしれない方法について、紹介してきました。

普段の筋トレや食事管理に加えて取り組めば、目標までの時間を短縮出来るかもしれませんよ!

筋トレキャンプでした!

トップへ戻る