モテる女性は筋肉で出来ている!?筋トレが魅力的な女性になる上で効果的な理由からおすすめ種目まで

モテる女性は筋肉で出来ている!?」というのは大げさかもしれませんが、筋トレはモテ度をアップさせるために有効な手段です。

スポンサーリンク

モテる女性になりたいなら筋肉を鍛えましょう。

国内でも、以前に比べて多くの女性たちが筋トレに励んでいます。これは、健康維持はもちろんのこと、美しくなりたいのであればとても良い傾向。

高重量の筋トレをすると、女性でもムキムキのマッチョになってしまうという間違った考えた方のためか、多くの女性が筋トレを敬遠していたかと思います。

しかし、女性と男性の身体の違いから、そのことは間違いであるというのが徐々に一般的にも浸透してきており、むしろ女性こそ筋肉へ負荷を掛けるトレーニングに取り組むことで、様々なメリットを享受出来るようになるとさえ言われます。

そして、そのメリットの一つが、モテる女性になれるかもしれないってこと!

今回は、モテる女性になる上で、筋トレに取り組んでいきたい理由から、強調して鍛えていきたい部位とおすすめの筋トレ種目、そしてちょっとした豆知識までを紹介していきます。

スポンサーリンク

モテる女性になるために筋トレすべき理由

モテる女性になるためになぜ筋トレに取り組んでいきたいのか、その理由をまずは簡単に見ていきましょう。

モテる女性を考えた場合、そこには内面的な要素と外見的な要素が大きく作用することになりますが、筋トレは筋肉を鍛えるトレーニングであることから、身体面を改善・向上して、モテる外見を作っていく上で役立ちます。

まず、筋肉を鍛えて適度な張りを持たせることは、いわゆる女性らしくカーヴィーな肉体を手に入れる上で大切。

カーヴィーな体には元々の骨格も左右していますが、骨格とは関係なく、筋肉を適度に大きくして増やしていくことで、よりメリハリのある豊かな体を手に入れることが出来ます。

また、大きな負荷が掛かる筋トレを行うと、成長ホルモンの分泌が盛んになるわけですが、この成長ホルモンは別名「若返りホルモン」と呼ばれることからも分かる通り、筋肉や骨格の維持・成長だけでなく、脂肪を減らしたり、肌や髪ツヤを良くしたりと、全身の若さ・美しさを保つために有効です。

そして、現代の美的感覚からすると、肥満体型より適度に引き締まった体の方が健康的なイメージでモテる確率が高いと言えますが、その際に気にするべきなのが体脂肪。

体脂肪を体に蓄えすぎないためにも、消費エネルギーを増やしていく必要があり、そこでは、1日に消費するエネルギーのうち60~75%を占めるとされる「基礎代謝」を高くしていくことが、もっとも重要になってきます。

そして、この基礎代謝は筋肉の量とほぼ比例しているため、筋トレで筋肉量を増やしておくことが、健康的でモテる引き締まった体を維持するために大切になってきます。

このように、モテるための外見を作る上では、筋トレで筋肉を鍛えておくことが、直接的にも間接的にも非常に役立ってくるのです。

モテる女性になるために鍛えるべき筋肉部位

モテる女性になるためにも、筋トレが役立つ理由は分かりましたが、女性の中には、「モテるために優先的に鍛えておきたい部位」を知りたいという人もいるかと思います。

全身をバランス良く鍛えておくというのが基本的なルールであり、最も大切なことですが、以下の部位は「女性らしい体つきの特徴」とされるため、全身を鍛えた上で各部位を強調して鍛えていくのが良さそうです。

  • くびれたウエスト・張りのあるヒップ
    • ウエストのくびれやヒップの張りは、メスとしての発達が現れ、子孫を残すために適しているかを本能的に表現する部位です
  • メリハリのある脚のライン
    • お尻を含む腰から脚のラインが健康的な張りを持っていると、骨盤の機能が良好であることを暗に示し、また、移動能力や生存能力を含めた健康的な身体機能のアピールになります
  • きれいなバスト
    • 女性特有の体つきとも言ってよい部位で女性らしさを象徴します。また、子供を育てるために大切なものになるため、本能的に男性に訴えかけます

(参照:世界一モテる体のつくり方, p.193)

また、上記の「女性らしい体つきの特徴」となる部位に加えて、「パワーハウス」も鍛えておくことを忘れてはなりません。

女性に限らず筋トレでボディメイクをしたいと思った時、多くの人は腕や脚など、目立つ部位に意識が向きがちになりますが、腹筋群を始めとしたお腹周り(腹腔)を囲む筋肉群(パワーハウス)は、人間が直立歩行して暮らすために重要で、この部位が弱くなると一気に身体能力が下がり、老化が進んでしまうことになります。

また、パワーハウスは加齢の影響を最も受けやすい筋肉群の一つでると同時に、パワーハウスの強化はウエストをくびれさせ、くびれたウエストや張りのあるヒップを作る際にも役立ちます。

このように、モテる女性の体を効率的に作っていきたい場合は、全身をバランス良く鍛えながら、「ウエスト&ヒップ+下半身+バスト」とパワーハウスの4つの部位を特に強調していくと良いかと思います。

スポンサーリンク

モテる女性の体を作るために取り組みたい筋トレ種目

モテる女性の体を作るために、強調して鍛えたい部位を見てきましたが、それらの部位を効果的に鍛えながら、他にの女性が気になるであろう部位も鍛えるために、おすすめの6つの筋トレ種目を紹介していきます。

モテる女性の筋肉に① スクワット!

スクワットといえば筋トレの王様とも呼ばれる筋トレ種目で、下半身全体の筋肉へ効果があり、お尻の大臀筋、太ももの大腿四頭筋ハムストリング、そして、多くの女性が気になる内ももの内転筋群を鍛え、張りを持たせながら引き締めていきます。

そのため、モテる女性に大切なメリハリのある脚や張りのあるヒップを作っていく上で非常におすすめで、必須で取り組んでいきたい種目。

また、スクワットには様々なバリエーションが存在しますが、難易度が少し高いものの、バーベルを担いで行うバーベルスクワットであれば、より効果的に下半身全体を鍛えていきながら、美しい姿勢に大切な背中の脊柱起立筋を鍛えたり、パワーハウスを強化していくことも可能です。

ちなみに、スクワットは成長ホルモンの分泌を促す上でも非常に優れたトレーニングになるので、モテる女性を目指す上でも「筋トレの王様」と言える筋トレ種目かもしれません。

↓基本的な自重スクワットのやり方やこちら↓

モテる女性の筋肉に② プランク!

フラットで引き締まった腹筋を目指しながら、女性も忘れてはならないパワーハウスを鍛え、同時にウエストの引き締めにも効かせるために、モテる女性を目指す人はプランクにも取り組んでいきましょう。

プランクは体幹トレーニングとしても有名で、一定の姿勢を維持し続けることで、正しい姿勢を維持する姿勢支持力の強化に繋がってくるため、美しい姿勢を手に入れるためにも役立ちます。

また、一切器具が必要なく、非常にシンプルな動作であるため、筋トレをほとんどやったことがない女性にとっても取り組みやすいトレーニングになります。

まずは、30秒を目標として始め、徐々に継続出来る時間を伸ばしていきながら、モテボディを目指していきましょう。

↓プランクのやり方やこちら↓

モテる女性の筋肉に③ 腕立て伏せ!

女性の中にも腕立て伏せを試したことがある人は多いはず。

腕立て伏せは、多くの上半身の筋肉を鍛える自重トレーニングで、胸の大胸筋を中心に、多くの女性が気になる上腕裏の上腕三頭筋、また肩の筋肉である三角筋の前面を鍛えながら、実はプランクと同様にパワーハウスを強化していく上でも役立ちます。

中でも主に鍛えられる大胸筋は、バストの基盤となる部位であるため、モテる女性に大切な「きれいなバスト」へ形を整えていく上で、腕立て伏せは役立つと言えるかと思います。

ちなみに、通常の腕立て伏せが難しい場合は、頭を上に体を斜めにして行うインクラインプッシュアップや、膝をついて行う膝つき腕立て伏せにすると、筋力が少ない人でも始められるのでおすすめです。

↓腕立て伏せのやり方やこちら↓

モテる女性の筋肉に④ レッグレイズ!

「張りのあるヒップ」や「メリハリのある脚のライン」を考えた場合、女性なら気になる「ヒップアップ」を狙っていくことが大切になってきます。

(大腰筋)

ヒップアップをするために一般的にイメージされることとしては、お尻周りの筋肉を鍛えて大きくすることだと思いますが、実はそれだけではダメで、お腹側から背骨を前方へギュッと引っ張っている大腰筋も強化しておかなくてはいけません。

大腰筋が強化されることで、骨盤を前傾させていけるようになり、骨盤の後ろに位置するお尻の筋肉が自然と上がってくることでヒップアップしていきます。

そしてこの大腰筋は腸腰筋の一部であり、腸腰筋は股関節を曲げる股関節屈曲に強く働く筋肉であるため、股関節屈曲をして大きな負荷が掛かるレッグレイズが効いてきます。

↓レッグレイズのやり方やこちら↓

モテる女性の筋肉に⑤ ショルダープレス!

モテる女性になる上で、最も強調して鍛える部位ではないかもしれないものの、その魅力をさらに高める上で鍛えておきたいのが肩。

実は多くの女性が気にする二の腕のラインというのは、腕の筋肉だけを鍛えるのではなく、肩の筋肉も一緒に鍛えていった方がいい。

というのも、肩の三角筋は腕の上腕骨の1/3を覆っている筋肉である上、二の腕の脂肪というのは、ちょうど三角筋とそれ以外の上腕部分の間ぐらいにつきやすいから。

そこで、この三角筋の前部と中部(側部)を効果的に鍛えるショルダープレスにも取り組んでいくと、モテ度をさらにアップさせることが出来ると思います。

また、ショルダープレスは上腕裏の上腕三頭筋にも効かせられるので、その点で一石二鳥だと思います。

↓ショルダープレスのやり方やこちら↓

モテる女性の筋肉に⑥ ベントオーバーローイング

モテる女性の体として、これまた最も強調するべき部位ではないかもしれないけど鍛えておきたいのが背中。

背中は自分では確認しにくいものの、第三者から見れば目立つ部分で、美しく引き締まって張りのある背中は、それだけでモテ度をアップしてくれるはずです。

そこで、ベントオーバーローイングという筋トレ種目がおすすめ。

ベントオーバーローイングは、背中で最大の広背筋や、その次に大きな僧帽筋を鍛えると同時に、綺麗な姿勢に大切な脊柱起立筋、他にも二の腕前面を引き締めるために大切な上腕二頭筋なども鍛えていきます。

さらに、背中の筋肉群全体は非常に体積が大きいため、基礎代謝を高めて太りにくい体を作る上でも効果的です。

↓ベントオーバーローイングのやり方やこちら↓

モテる女性になるために他に知っておくと良い筋トレ知識

モテる女性になるために筋トレが大切な理由から、特に取り組んでいきたい筋トレ種目までを紹介してきましたが、最後に、モテるために筋トレに取り組む上で知っておきたい豆知識を1つ紹介しておきます。

モテたいなら高負荷の筋トレは恐れないで!

女性は筋肉を大きくしたくないだろうから、「20回程度繰り返せる軽めの負荷」で行った方が良いと言われることがあったり、「マッチョになりたくないから本格的な筋トレは躊躇してしまう」といった人がいるかと思います。

しかし、そもそも女性の場合は、男性と同じペースで筋肉が大きくなることはまずありません。

これは、筋肉を成長させる男性ホルモンの分泌量ならびに、その男性ホルモンを受け取る受容体の量が、女性では圧倒的に少ないのが理由。

なかでも、特に上腕から肩、首の付け根から背中に掛けては、この受容体の量の差が男女間で顕著で、そもそも女性の男性ホルモン分泌量は男性の5~10%程度しかないとされます(参照:healthline

実際、現在はフィットネスライフコーディネーターとして活躍し、JBBFボディフィットネス全日本大会で準優勝の実績を持つShiecaさんでさえ、

ジムに入ったばかりの頃は週3~4回、フィギュアのコンテストに出ようと決めてからは週5~6回の筋トレを行いましたが、栄養の補給が足りなかったためか、1年目は体がしまっても筋肥大には至りませんでした。

(中略)

2時間おきのタンパク質補給を繰り返し、ようやく身体が大きくなって、減量期でも極端に食事を減らすことなくコンテストに出場できませした。つまり、これほど計画的にトレーニング、栄養補給を行わないと筋肥大はできないのです。

(引用:筋肥大メソッド, p.43)

と筋肥大に苦しんでいたように、女性の場合、高負荷が掛かる筋トレを行ったからといって、よっぽどボディビルダーを目指すレベルで取り組んでいかない限り、女性らしさを失うようなマッチョになることはないので安心してください。

むしろ、しっかりと高負荷が掛かる筋トレをしないと、本来の筋トレの意味がなくなり、ほとんど効果を得られない時間を過ごしてしまうことになります。

逆に、ある程度筋肉を大きくできれば、体脂肪を今までより少し落とすことによって、以前と体重が同じ、または増えたとしても、見た目的にはシュッと細く引き締まった理想的な身体に仕上げていくことが出来ます。

タンパク質摂取も忘れずに!

次の筋トレ記事もおすすめ!

モテる女性は筋肉で出来ている!?筋トレが魅力的な女性になる上で効果的な理由からおすすめ種目までのまとめ

モテる女性になりたいなら、筋トレで筋肉をつけていくべき理由から、おすすめの種目、そして女性こそ知っておきたい豆知識までを紹介してきました。

筋肉をつけて魅力を増すためにも、早速筋トレに取り組んでいきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする