背筋マシン&器具の種類を10個紹介!自宅やジムで背筋を効果的に鍛えるためにも!

背筋マシンと器具の種類を10個厳選して紹介していきます。自宅でもジムでも効果的に背筋を鍛えるために、一度確認してみましょう。

スポンサーリンク

背筋マシンと器具の種類には、どのようなものがあるか気になりませんか?

大きく鍛え上げた背中の筋肉は、真の筋トレ上級者の証。

大きな広背筋で背中の幅を出し、それに加えて所々筋肉の盛り上がりがある背中を見たら、その人がどれだけの努力を行って、圧倒的なインパクトを備えた背筋を手に入れたかは一目瞭然。

他のトレーニーから賞賛の声をもらうと共に、服を着て街を歩いているだけで、多くの人から注目をされること間違いなしです。

そんな背筋を手に入れたいなら、背筋を鍛える上で効果的なマシンや器具を利用していくのもおすすめな方法になります。

そこで今回は、背筋を鍛える上で効果的な背筋のマシンと背筋の器具を、厳選して10個紹介していきます。

なかには自宅でも利用可能なものもあるので、背筋を鍛えたくなったら知識としても頭に入れておくのがおすすめです!

スポンサーリンク

背筋を鍛えるために効果的なマシンと器具10種類

背筋マシン/器具の種類① アシステッド・プルアップマシン

懸垂は自分の体重を負荷として使いながら背中の筋肉を鍛えるのに、大変優れた筋トレ方法であるのはご存知の通り。

しかし、十分な筋力が無い場合や、手幅を広げて広背筋に掛かる負荷を変えて行う場合、いくら自分の体重だけを負荷にするといっても、体をしっかりと引き上げていけない場合があります。

そんな時は、このアシステッドプルアップマシンを利用して、可動域を最大限にしながら体を引き上げていってみましょう。

アシステッドプルアップマシンはその名の通り、懸垂(プルアップ)を補助するためにデザインされており、懸垂を行うにあたってまだ筋力が十分でない場合も、正しいフォームを身につけ、必要なレップ数を十分な可動域で繰り返せるようにするためにおすすめ。

筋力がついてきたら、徐々に補助するウェイトの重量を減らしていき、最終的には補助なく自分の筋力だけで、懸垂が出来ることを目的として取り組んでいきましょう。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋マシンを利用して取り組んでいきたい筋トレ種目は、もちろん懸垂の種類に含まれる筋トレ。

(上は通常の懸垂)

通常の懸垂はもちろんのこと、さらに手幅を広げて行うワイドグリップチンニングに取り組んでみたり、片手懸垂に取り組んでいってみるなど、一般的な懸垂だけでなく、より上級者向けの懸垂を行う場合に、特に利用価値が高いかと思います。

ちなみに、筋力をつけるためには補助に頼りすぎるのは賢明ではありません。

レップごとに自分の体重を引き上げるのに必要な、最低限の補助重量を使うことを心掛けましょう。

フォームを正しく身につけながら、8-10 レップを 3-4セットこなしていくことで、徐々に筋力がつき、最終的には自分の力だけで体を上げ下げ出来るようになるかと思います。

背筋マシン/器具の種類② ケーブルマシン

背筋に特化したマシンというわけではないけど、負荷が掛かったケーブルを引くことで様々な背筋の筋トレ種目を実現出来るのがケーブルマシン。

備え付けの滑車を上下に移動する(マシンによっては上下に固定されている場合もある)ことで、ケーブルを上から下へ引っ張る動作を行ったり、下の滑車から伸びるケーブルを引っ張ることで、座った体勢で背筋群を強化していくことが出来ます。

また、滑車だけでなくケーブルへ装着するアタッチメントも自由に交換出来るため、グリップの角度や幅に変化を持たせることで、背筋への効かせ方を変えるなんてことも可能になってきます。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

ケーブルマシンを利用して実現できる背筋の筋トレ種目は、多岐に渡るため、全てを紹介することは難しいですが、代表的な例を挙げると次のようなものがあるかと思います。

(上はストレッとアームプルダウン)

ケーブルを利用してウェイトトレーニングを行うメリットは、動作中、常に負荷が筋肉に掛かった状態を維持できたり、関節への過度な負荷がかかり難いなどといったもの。

背筋を鍛えるためにも、積極的に利用してみたいマシンになります。

背筋マシン/器具の種類③ ラットマシン

ラットマシンはラットプルマシンとも呼ばれ、滑車の原理を利用してバーやマシンに備え付けのハンドルを引き下げていく筋トレマシン。

頭上に位置したバーやハンドルを引き下げていく動作を起こすことで、その動作に大きく関与する、背筋群の中で最大の体積を誇る広背筋や、その次に大きな僧帽筋などを、マシンにセットされた重量で鍛えていきます。

一般的には滑車からケーブルが伸びる、ケーブルマシンタイプのラットマシンを見かけることが多いかと多いますが、ケーブルではないタイプのものもあり、基本的にはどちらのタイプも、同じように背筋を鍛えていくことになると言えます。

ただ、ケーブルではないマシンの方が軌道が固定されている分、動作が安定しますが、動作の自由度が制限されるため、トレーニングにバリエーションを持たせづらく、同じ動作を行っても体幹強化の効果は少ない(ケーブルでは動きの自由度が増す分、体幹を引き締める必要度が高くなる)といった違いがあります。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

ラットマシンはその名の通り、広背筋を中心に鍛える筋トレ種目のラットプルダウンを想定された設計になっているため、基本的にはラットプルダウンの種類に取り組んでいくというのが、効果的な使い方。

そのため、通常のラットプルダウンに加えて、手幅を広くしたり狭くしたりして行うラットプルダウンといった筋トレ種目が、この背筋マシンで行う筋トレ種目の中心になってきます。

ただ、ケーブルタイプのラットマシンの場合、広背筋を鍛えるためにも効果の高いストレートアームプルダウンも可能になってきます。

背筋マシン/器具の種類④ プルオーバーマシン

ボディビルダー世界一の称号「ミスターオリンピア」を、1992~1997まで6年連続で獲得したドリアン・イエーツと言えば、その圧倒的に盛り上がった背筋が最大の武器であり、背筋を鍛えるベントオーバーローイングに取り組んでいたことは有名。

しかし同時に、イエーツ自身は、ベントオーバーローイングだけではなく、その圧倒的な背筋を作った秘訣の一つは、プルオーバーマシンにあると述べていたりもします。

(出典:youtube

そのプルオーバーマシンとは、トレーニングベンチに仰向けになって、ダンベルを握った腕を頭上まで振り下ろした「深い肩関節屈曲位」から伸展動作を行う、ダンベルプルオーバーを座位で行うようなトレーニングマシン。

プルオーバーは、大胸筋上部を鍛える効果が高いと同時に、広背筋も同時に鍛えていく効果があるちょっと変わった筋トレであり、特にプルオーバーマシンを利用することで、筋肉の深いところまでストレッチをかけて、全てのレップで広背筋へ最大限の負荷を掛けていけることになります。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋マシンを利用して行える筋トレ種目は、もちろんマシンプルオーバー。

マシンに備え付けの重量を使って、ダンベルプルオーバーでは扱い難い高重量を利用し、背筋へショックを与えていきましょう。

ただ、国内ではこのプルオーバーマシンを見かけることはそこまで多くないと思うので、利用したくでも利用できない場合も多いかと思います。

背筋マシン/器具の種類⑤ シーテッドローマシン

背筋を鍛えるマシンの中でも、座った体勢を作って腕を後方に引き、広背筋や僧帽筋を鍛えるこのマシンは、シーテッドローマシンと呼ばれるもの。

マシンに備え付けのハンドルが、様々な角度で握れるようになっているため、同じように腕を後方へ引く動作を起こしても、そこに関わる背筋群へは微妙に異なった刺激を加えていくことが出来るようにデザインされています。

また、マシンの軌道が固定されているため、フォームも安定しやすく、マシンに備え付けの高重量を扱いやすいのが特徴。

順手で広めにグリップを握れば広背筋へ、ニュートラルグリップ(親指が上を向くグリップ)でグリップ幅を狭目に握れば僧帽筋(中・下部)へ効かせやすいといった違いがあるため、背中の筋肉をバランス良く鍛えるためにも大変有効だと言えます。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋マシンで実現出来る筋トレ種目は、マシンの名前から想定出来る通り、シーテッドローイング(上体は動かさないバリエーション)と呼ばれる種類の筋トレ。

専用のシートに腰掛け、パッドを上半身前面に当てることで体を固定し、握ったレバーを肩甲骨を寄せながら後ろへ引いていくことで、広背筋や僧帽筋を集中的に鍛えていきます。

ゆっくりと筋肉を収縮させることを意識して取り組み、上体が後傾しないように気をつけて、背筋群へしっかりと効かせていきましょう。

スポンサーリンク

背筋マシン/器具の種類⑥ ローイングマシン

専用のシートに腰掛け、ボートを漕ぐような動作(ローイング動作)を繰り返し行うというのがローイングマシン。

中にはケーブルでないタイプのものもありますが、多くのものはケーブルを基本として設計され、どれも背筋を中心としながら、他にも太ももやお尻、そして腕や肩の筋肉など、全身の筋肉を繰り返し使っていくことになります。

そのため、背筋を鍛えるマシンでもありながら、同時に全身運動や有酸素運動マシンとしても考えることが出来、背筋だけでなく全身の身体能力をアップさせるためにも効果的なマシンになります。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

ローイングマシンで実現可能な筋トレ種目は、基本的にはシーテッドローイング(上体も動かすバリエーション)。

ただ、ローイングマシンは、腰掛けるシートも同時に動くことになるため、膝を固定して行うシーテッドローイングではなく、膝の屈伸動作も含まれる全身運動としてのシーテッドローイングになります。

この背筋マシンは、純粋な背筋の筋トレマシンというよりは、背筋も鍛えられる全身運動マシンという認識を持っておくのが良いかと思います。

背筋マシン/器具の種類⑦ Tバーロウマシン

Tバーロウマシンは、オリンピックバーの一方の端を地面に固定した形のマシン。

一方の端が地面に固定されたバーベルをまたぐような体勢になり、プレートが装着されたもう一方の端を両手で掴み、そのバーを上げ下げしていくことで、腕を体の方へ引く動作が起こるため、背筋を強化していく上で効果的なマシンになります。

ただし、Tバーロウマシンの用意がないジムも多いため、国内においては、背筋マシンとして一般的なものとは言えないかもしれません。

それでも、利用できるのであれば効果的に背筋を鍛えていくことが出来るため、この背筋マシンの存在は覚えておくと良いかと思います。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋マシンで実現可能な筋トレ種目と言えば、Tバーロウという筋トレ。

Tバーロウは、現在でこそあまり一般的な背筋のトレーニング方法ではなくなってしまたものの、以前は背中の広背筋や僧帽筋を強化するためにもよく取り組まれることのあった筋トレ種目。

ベントオーバーローイングなどと同じく、肩関節伸展と肘関節屈曲の動作が起こるものの、ベントオーバーローイングでは、バーベルを引き上げる際の軌道が直線になり、Tバーロウでは、軌道が弧を描くようになるといった違いがあります。

そのため、背筋へよりダイナミックな刺激を加えられ、筋肉の慣れを防ぐにも効果的。

もしもTバーロウマシンがあれば、積極的に取り組んで言ってみましょう。

ちなみに、Tバーロウマシンがない場合は、代わりにランドマインなどの器具を利用すると、同じようにTバーロウを行っていくことが出来ます。

背筋マシン/器具の種類⑧ バックエクステンションマシン

背筋の中でも、正しい姿勢を維持するためにも大切で、腰の強化にも関係のある脊柱起立筋を鍛えるために利用してみたいマシンが、バックエクステンションマシン。

(出典:Archi Expo

専用のパッドを背中へ当てた状態でシートへ座り、備え付けのウェイトの負荷にして上体を後方に曲げることで、「体幹伸展」の力を鍛えるためにデザインされており、一般的なジムでも見かけることが多いかと思います。

自重で行うバックエクステンションではどうしても扱える負荷に限界が来てしまうのに対して、外部の重量を利用できるため、体幹伸展の力をさらに伸ばしたいといった場合には利用を検討してみると良いかもしれません。

しかし同時に、バックエクステンションマシンはその構造から、パッドに背中を当てて腰掛けた場合に、背中が曲がりやすく、その状態で高重量をかけると、怪我のリスクが高まってしまうといった欠点を持っているため、利用する場合は、細心の注意を払って取り組んでいくようにしましょう。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

その名前が示す通り、この背筋マシンを利用して実現できる筋トレ種目と言えば、マシンバックエクステンション。

通常のバックエクステンションは、床にうつ伏せになり、自分の体重の一部を負荷として体幹を反らしていくのに対して、マシンバックエクステンションの場合は、より大きな負荷を利用していけるのが最大の利点。

基本的に体幹伸展の力は、バーベルスクワットデッドリフトなどを通して強化すれば十分に鍛えられますが、腰周りの筋肉に迫力を持たせたいボディビルダーや、体幹伸展の力を集中して強化したい一部のアスリートにとっては、利用価値があるかと思います。

背筋マシン/器具の種類⑨ 懸垂器具(チンニングスタンド)

懸垂器具(チンニングスタンド)は、その名の通り、懸垂を行うためにデザインされた背筋専用の器具。


ある程度のスペースが必要なものの、自宅にも置きやすいため、自宅で懸垂などの筋トレを行って背筋を鍛えたい人には、検討してみる価値のある背筋器具だと思います。

但し、物によって対荷重が異なるため、特に体重が重い人が自宅で懸垂器具を利用する場合は、何キロまで対応可能なのかを確認してから購入するようにしましょう。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋器具で実現可能な筋トレは、懸垂器具というだけあって、もちろん懸垂やそのバリエーションに分類される筋トレ種目。

また、背筋のトレーニングではないですが、腹筋下部を鍛えるために効果的なハンギングレッグレイズや、上半身全体を鍛えるためにも効果が高く、同時に難易度も高いマッスルアップなども、この背筋器具を利用すれば実現可能になります。

背筋マシン/器具の種類⑩ 懸垂バー

懸垂バーは、懸垂を行うためにデザインされた専用のバー。

ジムなどで壁に固定されているものを見かけることもあれば、自宅で利用するためにドアに引っ掛けるドアジムのような器具も確認することが出来ます。

さらに、同じ懸垂バーでも、一直線のバーといったシンプルなものだけでなく、複数のグリップを備えた懸垂バーなどもあり、その種類によっては、より背筋筋トレのバリエーションを増やしやすいといった特徴を持っています。

懸垂器具を置くスペースはないけど、それでも自宅で「背筋を鍛えたい・懸垂を行いたい」なんて場合に検討してみると良いかと思います。

この背筋マシン/器具で実現可能な筋トレ種目例

この背筋器具で実現可能な筋トレ種目は、もちろん懸垂とそのバリエーション。

基本的には懸垂器具(チンニングスタンド)と同じような筋トレ種目を行えますが、耐久性はどうしても低くなってしまうため、ダイナミックな動きを伴う筋トレ種目では、破損してしまったり、固定した壁やドアから外れてしまい、ぶら下がっていた体が地面に落ちることで怪我に繋がるリスクも高いため、あまりおすすめできません。

そのため、基本的な懸垂やそれに準ずる筋トレ種目に抑えておくのが良いかと思います。

また、複数のグリップを備えた懸垂バーなどは、地面に置くことでプッシュアップバーとしても利用可能なため、その場合は効果的な腕立て伏せが実現できると言えます。

その他の背筋マシン/器具

今まで紹介してきた背筋を鍛えるためのマシンや器具以外にも、背筋をトレーニングする上では様々な器具やマシンを利用していくことが可能です。

例えば、

などが利用可能なので、背筋を強化するためにも、各マシンや器具で実現できる背筋の筋トレ種目に取り組んでいくと良いかと思います。

自宅用で!

次の筋トレ記事もおすすめ!

背筋マシン&器具の種類を10個紹介!自宅やジムで背筋を効果的に鍛えるためにも!のまとめ

背筋を鍛えるためにも覚えておきたいマシンや器具を、10種類紹介してきました。

自宅でもジムでも、背筋をより効果的に鍛えたいなら紹介したマシンや器具を覚えておくのが良さそうです!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする