バラスボールを椅子代わりに利用する効果とポイント|腰痛予防や筋トレ効果もあり!?

 バランスボールを椅子代わりに利用した場合の効果やポイントを見ていきます。腰痛の予防や、ちょっとした筋トレとしての効果も期待出来るかもしれません!

スポンサーリンク

バランスボールを椅子代わりに利用してみましょう。

バランスボールと言えば、筋トレやバランス力の向上へ利用されるトレーニング器具の一つで、ジムやフィットネスセンターで良く見かけるかと思います。
また同時に、オフィスなどに置いてあったり、椅子代わりとして利用している人を見かけたことがあるかもしれません。
バランスボールは、椅子の代わりに利用することで体に良い様々な効果を期待できる道具であり、スペースに余裕があれば、オフィスや自宅にも一つ置いておきたいもの。
今回はそんな、バランスボールを椅子代わりに利用した場合に期待できる効果を中心に見ていき、また、利用するに当たっての注意点やちょっとしたポイントも確認していきます。

スポンサーリンク

バランスボールを椅子代わりに使うべき理由と効果

バランスボール椅子の効果① 背骨の並びを改善する!

バランスボールを椅子代わりとして利用する場合、背骨(脊柱)の並びを改善するために効果があると言えそうです。

「バランスボール椅子」は、普段利用している通常の椅子と比べて、より不安定な状態になるのが特徴。

その不安定な場所に座ることで、体は自然とバランスを取ろうとし、最も効率よくエネルギーを無駄にせずに、体を落ち着かせられる姿勢にしようと働きます。

そして、最も簡単に効率よく姿勢を維持しようとしたときに必要なのが、「脊柱の並びが正しくなっている」状態。

つまり、不安定なバランスボールを椅子代わりにしてその上に座ることは、体が最も効率的にバランスを取れる姿勢を突き詰めて行った結果、自然と背骨が真っ直ぐになった状態に近づいていくと言える。

結果的に、背骨がまっすぐに並んで健康な状態に近づけ、背中の痛みや腰痛の軽減または予防などにも効果が出てくると、考えることが出来るようになります。

バランスボール椅子の効果② バランスの向上

バランスボールの名前に含まれる「バランス」の所以、それは不安定な物体であるがゆえに、その上に座ったり、体を乗せた場合、体が自然とバランスを取るために力を出していくことになるから。

そのようなバランスボールの上に椅子代わりとして座る効果として、誰でも思いつくものと言えば、「バランスの向上」が挙げられるかと思います。

これは、不安定なバランスボールの上に安定して座り続けるためにも、体幹を中心とした多くの筋肉を細かくコントロールして使う必要が出てくるため、筋肉の反応が良くなり体幹力が向上するというのが一つの理由。

また、不安定な状態でバランスを維持するなかで、バランス感覚を養っていくことも出来る。

つまり、バランスを安定させるための、筋肉から神経面までの強化を図っていくことが可能になり、これが全体的なバランス力の向上につながってきます。

バランスボール椅子の上に座り続けることでバランスが向上すれば、バランスボールの上だけでなく、オフィスや自宅の外に出た時にも役立ってくるはずですよ!

バランスボール椅子の効果③ お腹・腰周りの引き締めて姿勢改善

また、上でも触れたバランスボールに座ることで「体幹の筋肉強化につながる」という点を考えた場合、バランスボールを椅子代わりに使うということは、お腹や腰周りの引き締め、そして正しい姿勢を維持する能力の向上にも効果があると言えます。

というのも、不安定な物体の上に姿勢を正して座位をキープするということは、お腹前面にある腹直筋やお腹側面にある腹斜筋、そして背中上部から腰までを走行する脊柱起立筋が、常に力を出しながら真っ直ぐな姿勢を安定させているということだから。

もちろん体幹をダイナミックに動かすようなことは少ないないため、これら腹筋群や脊柱起立筋を大きな力でトレーニングするわけではありませんが、筋トレ用語的に言えば、いわゆるアイソメトリックのトレーニングとして考えることが出来る。

アイソメトリックとは、筋肉が伸びも縮みもしない状態で力を発揮しつづける筋肉の収縮様式であり、いわゆる体幹トレーニングとして有名なプランクで起こる筋肉の使い方と同じ。

結果として、お腹や腰周りの筋肉を引き締めて、正しい姿勢を維持する「姿勢支持力」を向上させる効果を期待出来るようになります。

バランスボール椅子の効果④ 筋肉のコリを予防

バランスボールを椅子の代わりに利用した場合、通常の固定された椅子と比較して、デスクワークの際に姿勢をよりダイナミックに、そして頻繁に動かすことになります。

例えば、固定された椅子に座った状態で机の斜め端にある物と取ろうとした場合、動かすと言ってもせいぜい肩関節を動かして腕を伸ばすぐらい。

それに対して不安定なバランスボールに座った状態で、同じ位置にある物を取ろうとした場合、肩や腕だけでなく、バランスを取るためにも下半身や体幹をよりダイナミックに動かしていくことになります。

また、不安定なバランスボールの上に椅子代わりに座り続けるということは、体を微妙にでも動かしながら、バランスをコントロールしているわけであり、その中では同じ筋肉でも緊張したり弛緩したりを繰り返すことになる。

これは、固定された椅子のように、ある筋肉は緊張し続ける一方、他の筋肉は弛緩しつづけるという隔たりが起きにくいとも考えることができます。

結果として、固定された椅子に長時間座って、特定の筋肉をずっと緊張させたり、短縮させ続けた結果生じる「コリ」が起きにくいといった点も、バランスボールを椅子代わりに使った場合のメリットと言えるかと思います。

バランスボール椅子の効果⑤ ちょっとしたフィットネス

また、バランスボールを椅子代わりにすることの利点の一つとして、ちょっとしたフィットネスエクササイズを、オフィスや自宅でのデスクワーク中に出来てしまうことも挙げられるかも。

というのも、バランスボールを利用した筋トレや体幹トレーニングなどは様々なものがあり、中には座ったまま出来る「バランスボールジョグ」や「バランスボールツイスト」などが含まれるため、その場で気晴らしも兼ねてフィットネスエクササイズに取り組むことが可能。

また、もう少しスペースが取れるなら、ちょっとした休憩時間中や待ち時間中に、バランスボールを利用した全身運動へ、簡単に効果的に取り組んでいくことが出来るようになります。

このように、バランスボールを椅子代わりとして利用した場合は、ただ椅子として使うだけでなく、気分転換も兼ねながら健康向上にもつながるエクササイズを、その場で気軽に出来るといった効果があります。

バランスボール椅子の効果⑥ 血行を促す

上で挙げたような、「筋肉のコリ予防」と「ちょっとしたエクササイズに取り組める」といったバランスボール椅子のメリットは、血行を促すという効果も生み出すと言えます。

血行が滞ってしまうことは、体から老廃物を排出する作用に影響が出てしまったり、必要な栄養や酸素を全身隈なく運んだり、代謝を高い状態で維持する妨げになってしまったりします。

また、人によっては血行が滞ることで冷え性になってしまうなんて可能性もあるわけで、血行を良くしておくことは、1日を元気に過ごすためにとても大切なこと。

この血行の滞りの原因の一つとして考えられるのが、筋肉が凝り固まってしまうことや、不活発な状態が続くこと。

そのため、椅子代わりにバランスボールに座ることは、上で触れたとおり筋肉のコリを予防したり、エクササイズに取り組んで体を動かすことが気軽に出来るため、固定した椅子と比較しても、より血行を促すためには良い選択肢。

バランスボールを椅子代わりに利用して、血行を促していくのが良さそうです。

バランスボール椅子の効果⑦ ダイエットにプラス

バランスボールを椅子の代わりとして使う効果として、「ダイエットにプラスになる」という点も挙げられるかと思います。

バランスボールに座るということは、固定された椅子と比較して、小さいながらもより筋肉を使っていくことになるわけで、その分多少なりとも多くのカロリーを消費していくことにつながります。

もちろん、バランスボールに座ったからと言って、それだけで一ヶ月後に1kgや2kg痩せるような効果はないかと思いますが、それでも「塵も積もれば山となる」ということわざがある通り、長期的に考えれば、カロリー燃焼をして健康的に体を引き締める上で差になって現れてくると言えるかもしれません。

バランスボール椅子の効果⑧ エネルギッシュ!

オフィスや自宅の椅子に座って同じ姿勢を続けた場合、なんとなく「ダルさ」や「疲れ」を感じることがあるかと思います。

そんな時にちょっとだけ体を動かすと、そのダルさや疲れといった感覚がなくなって、よりエネルギッシュになったなんていう経験はないですか?

人間一つの姿勢を保ち続けると、精神的な疲れが増します。

一方で、より活発に体を動かしていると、身体的な疲れがあったとしても、精神的には元気な状態になり、よりエネルギッシュで活動的な状態を維持することにつながります。

このことから、固定された椅子に同じ姿勢で座り続けるのではなく、たまにバランスボールを椅子代わりとして利用したり、その上でちょっとしたエクササイズを行うことは、精神面で元気になるためにも効果的なこと。

デスクワークなどが長くて、仕事帰りはいつもエネルギーレベルが低いと感じる人なんかは、バランスボールを椅子代わりに利用してみることで改善できるかもしれません。

スポンサーリンク

バランスボールを椅子として利用した場合のデメリット

バランスボールを椅子代わりに利用した場合の効果やメリットを見てきましたが、利用に当たっては頭に入れておきたいデメリットもあるかと思います。

まず最初に、バランスボールを椅子代わりとして使う場合、椅子によっては付いている肘掛け(アームレスト)がなく、また通常の椅子のように背もたれはありません。

特に肘掛けに両腕を置くことは、首や肩に掛かる負担を軽減する効果があると考えられるため、バランスボールを椅子代わりとして利用することは、その点でデメリットになってしまうかもしれません。

また、背もたれに寄りかかって座ることは、背骨の椎間板に掛かる負担を減らす効果もあり、逆に背もたれがないバランスボールでは、椎間板への負担はより大きなものになってしまう。

そのため、椎間板に不安を持っている場合などは、バランスボールではなく、背もたれがある椅子に姿勢を正して座った方が良いかもしれません。

他にも、バランスボールを椅子として利用し始めた当初や、体幹の力が十分でない場合などは姿勢を安定させにくく、仕事や勉強へ集中できなかったり疲れてしまうこともあります。

そして、机の高さによっては、バラスボールでは十分な高さを確保できず、仕事や勉強がしにくいと感じることもあるかと思います。

バランスボールを椅子代わりとして利用していくには、これらデメリットも考慮した上で使っていき、基本的には、通常の椅子と交互に利用するのが良いかと思います。

バランスボールを椅子代わりに利用するなら覚えておきたいその他のポイント

バランスボールを椅子代わりに利用していくなら、次のポイントも覚えておくのがおすすめです。

バランスボールに座ってデスクワークを行う際の姿勢

バランスボールを椅子代わりとして利用する際は、次の姿勢についてのポイントを抑えておきましょう。

  • 太ももが床とほとんど平行になるように座る
    • そのためにも自分の身長ん合わせてバランスボールのサイズを選ぶ必要があります
    • 可能ならスポーツショップやホームセンターなどで、実物のバランスボールに座ってみて、自分にしっくりくるものを選んでいくのがおすすめです
  • 両腕を机に乗せる時は肘まで乗せない
    • デスクにPCを置いて仕事をする時に前腕を机に置く場合、肘まで置かないのがポイント
    • 肘まで前腕を机の上においてしまうと、背中が前傾気味になりやすく、背もたれのないバランスボールでは、無意識に背中が曲がってしまいやすくなります
    • 前腕の半分ぐらいまでをデスクの上に置くようにするのがおすすめです
  • 背すじには気をつける
    • 背もたれがない分背すじが曲がりやすいので、バランスボールを椅子代わりに利用する場合は特に意識しておきましょう

最初は短時間の利用から始める

バランスボールを椅子代わりとして利用し始めた当初は、今までの椅子には必要なかった筋肉やバランス力を使うため、使い心地の悪さを感じることが多いかと思います。

そうすると、デスクワークに集中できなかったり、疲れてしまうことになるため、利用し始めた当初は、短時間の利用に抑えながら、徐々に時間を伸ばしていくのが仕事への影響も抑えられておすすめ。

繰り返し利用することで、バランスボールを椅子代わりに利用した場合の姿勢支持力を強化出来、より使い心地の良いものに変わってくることで、長時間の利用でも無理なく行っていくことができるようになります。

空気入れ付きだしね

次の筋トレ・フィットネス記事もおすすめ!

バラスボールを椅子代わりに利用する効果とポイント|腰痛予防や筋トレ効果もあり!?のまとめ

バランスボールを椅子代わりに利用した場合の効果や、その他のポイントを見てきました。

腰痛予防やちょっとした筋トレ効果もあるバランスボール椅子は、他にも「楽しい!」といったメリットもあるため、効果的に利用してみるのが良さそうです!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする