胸を大きくするにはバストアップの筋トレをダンベルで試したら?

スポンサーリンク

バストアップに筋トレを取り入れている女性の皆さん、効果はどうですか?筋トレで胸を大きくするには、それなりの努力と時間がかかるかと思いますが、バストアップに効果の良い筋トレをしていけば、少しずつでも効果が出てきます。

でも、 自宅にも置けて、好きな時に利用出来るダンベルを使った筋トレを取り入れてみたら、胸を大きくするために、より効果があるかもしれませんよ!ダンベルフライやダンベルベンチプレス、そしてダンベルプルオーバーなどの筋トレは、筋肉を大きくしたい男性だけではなく、女性の筋トレとしても利点があるのです。

これらダンベルの筋トレをすることで胸の内側にある筋肉を鍛え、姿勢を整え、女性のバストラインが活性化していき、結果としてバストアップにも繋がってきます。より高いバストアップの効果を得るためにも、姿勢よく胸に効くダンベルの筋トレを行ってみましょう。

今回は、バストアップの筋トレをダンベルを用いてやる場合のおすすめの筋トレ種目とコツについて、お話ししていきます。

スポンサーリンク

胸を大きくするにはダンベルフライ

ダンベルフライはバストアップの筋トレに組み込むのに最適な運動の一つです。なぜなら、他の筋トレと違って三頭筋や肩の前側にも同時に効いてしまうようなものではなく、胸の筋肉に集中して働きかけるものだからです。

そのため、女性の場合、胸を大きくするには何よりも先に、ダンベルフライを筋トレメニューに取り入れると良いでしょう。ダンベルフライを忘れないで継続していけば、バストラインを綺麗にでき、上向きの胸を手にいれることが出来るでしょう。

この筋トレをする間、平らな台の上に仰向けになります。ダンベルを両手に持って手のひらは内側を向くようにし、腕は体と垂直になるように伸ばします。それからダンベルを離していき、体の横まで下げて、体でTの字をつくるようにします。その後また最初の位置にダンベルを戻します。

ダンベルフライの筋トレ方法を詳しく見たい場合は、ダンベルフライで大胸筋のトレーニング!鍛えるならこれ!【筋トレ】も確認しておきましょう。

ダンベルベンチプレスでバストアップの筋トレ!

ダンベルベンチプレスもダンベルフライと同じくらい胸を大きくするには忘れてはならない大胸筋の筋トレです。ダンベルを持ってベンチプレスをすることで、筋肉が収縮する前に程よい胸のストレッチができるような可動域、つまり動きの幅を持てるため、通常のベンチプレスに比べてより柔軟にバストアップ目的の筋トレとして利用できます。

胸を大きくするには、ダンベルフライで一つの刺激を筋肉に与えて、別な刺激としてダンベルベンチプレスで筋肉に与えましょう。そうすることで、より効果的に胸の筋肉の成長を促せるので、女性のバストアップ効果も大きくなります。

この筋トレをする際には、ダンベルフライと同じような平らな台の上に仰向けになり、両手にそれぞれダンベルを持ちます。筋トレの間、腕を伸ばしながら胸の上でダンベルを上げます。手のひらは体と反対方向を向いていてもいいですし、腕を伸ばしたところで内側に向けても構いません。それからひじを外側に曲げて重りを下げ、もう一度同じ動きをする前に胸のストレッチを感じるようにしてください。

ダンベルベンチプレスの筋トレ方法を詳しく見たい場合は、ダンベルベンチプレスは重量やフォームが大切!大胸筋の筋トレを確認しておきましょう。

胸を大きくするにはダンベルプルオーバーも!

ダンベルを使って胸を大きくするにはダンベルフライもダンベルベンチプレスもいいけど、ダンベルプルオーバーでさらに磨きをかけましょう!ダンベルプルオーバーをすると、大胸筋とその下の3本目のあばら骨から方の付け根まで広がっている小胸筋という胸の筋肉が活性化されます。

ダンベルフライとダンベルベンチプレスが主に大胸筋に効く筋トレとしたら、ダンベルプルオーバーは小胸筋にも同じくらい効く筋トレになるため、3つを同時に取り入れることで、胸を大きくする効果はさらに大きくなります。

ダンベルプルオーバーも他の筋トレ2種と同じように、台に背中をのせて仰向けになります。そして、胸の上で1つのダンベルの両端を両手で持ちます。それから、ゆっくりと腕がだいたい床と平行になるくらいまで頭の後ろにダンベルをおろしてください。その後、最初の姿勢に戻りますが、一つ一つの動きに胸筋を使うことを心がけてください。

ダンベルプルオーバーの筋トレ方法を詳しく見たい場合は、ダンベルプルオーバー:効果に注目な胸の筋肉の鍛え方!大胸筋の筋トレを確認しておきましょう。

バストアップの筋トレをダンベルでやる場合のポイント

筋トレ先進国のアメリカでは、筋トレを最低でも週に2日行うことを推奨しています。そのため、女性がバストアップ目的で筋トレする場合であっても、それぞれのバストアップの筋トレを8-12回、2-3セットを最低週に2度は行うことが望ましいでしょう。

その際に、最高でも12回より多くの数をこなせない程に十分な重さの重りを使うようにしましょう。筋肉を大きくする場合は、 12回より多くこなせる程度の重さでやると効果が薄れてしまうからです。

また、胸の上部もしくは下部のどちらを鍛えるかによって、台を上下に傾けるように変化させると良いでしょう。さらなる挑戦として、胸のダンベル筋トレをバランスボールで行うと尚良いかもしれません。これには体幹と脚でバランスをとることが必要になってくるので、体を綺麗にするプラスαの効果がありますよ!

バストアップ用にはこんなダンベルセットがいいかも

女性の筋トレに次の記事もいかがですか?



いかがでしたか?

バストアップの筋トレをダンベルでやってみると、今まで以上に効果が現れるかもしれません。胸を大きくするには、色々な工夫と努力、そして継続が必要になってくるかと思いますが、効果があるものを続けていれば、少しずつでもその効果を実感していけるはずです。

バストアップと同時にヒップアップの筋トレもして、体全体を一気に綺麗にするのもいいかもしれませんね。ちなみに、最近アメリカでは30日スクワットチャレンジというのが流行っているみたいで、ヒップアップ効果が相当あるみたいですよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする