ブアカーオの筋肉とトレーニングを筋トレ視点で画像と共に解説してみた結果・・・坊さんか!?

ブアカーオの筋肉とトレーニングを、筋トレ視点で見ていきます。ブアカーオの筋肉の魅力が分かる画像と共に興奮していきましょう。

スポンサーリンク

ブアカーオの筋肉とトレーニングにムエタイ(萌えたい)!


筋肉のことを一瞬たりとも忘れることが出来ない筋トレ野郎達。

彼らのサガとは、どんな時でも筋肉に思いひしがれ悩み、そして時には恋い焦がれ苦悩することです。

そんな筋肉を愛する筋トレ野郎達にとって、ある意味憧れの存在が、強さを極めた格闘家達。

筋トレ野郎と格闘家と「種族」は違えど、同じ匂いを感じることで、一種の尊敬の念が生じてくるのです。

そんな、強さを極めた格闘家の一人に、タイ出身のブアカーオがいます。

あのK-1Maxの元王者であり、その後も世界中でムエタイのチャンピオンとして名を馳せた、現代ムエタイ界の至宝です。

そんなブアカーオ。ムエタイのテクニックはもとより、筋肉だってすごいんです。

しかも筋肉を武器に、ちょっと前にラスボス化したと世界を驚かしたこともあったり。

(ボス!?出典:PictaLand

今回は、そのブアカーオの筋肉やトレーニングの秘密に関して、最近広背筋の発達がやばい筋トレ野郎が画像と共に萌えまくってみます!

スポンサーリンク

ブアカーオの筋肉に筋肉惚れしてみた結果・・・。

大腿四頭筋がギャクサン!

ブアカーオのキレキレな筋肉の画像を見て感じるだけで、もう筋トレ野郎の筋肉レーダーは超絶反応しまくり!

で、そんなブアカーオのエクスタシー筋肉のなかでも、太刀打ちできない威力で筋トレ野郎の理性を崩壊させるのが太もも前面の大腿四頭筋なんですよ。

ちょっと次のブアカーオの画像を見てください。

(出典:Ameba

おう!

なんとパンパンに張りまくったお太もも様

太ももの筋肉が発達して大きく横にせせり出ることによって、逆三角形の形を描いているっていう、逆三角形の上半身なんかよりも男らしさ溢れ出る「ギャクサン四頭筋」をお持ちじゃないですか!

(出典:arashi do Martial Arts

大腿四頭筋外側の外側広筋と、内側の内側広筋が張り出すほどボリューム満点に肥大しているのに加えて、内もも最大の大内転筋もボリューミーに肥大しまくった筋肉のラインが、筋肉(牛肉の赤身)を食べるのが好きな筋トレ野郎の食欲をそそりまくりです!

ちなみに、筋トレにおいて脚は、体の中でも最もツライ部位とも言えて、ここまで大きく肥大させるには想像を絶する辛さに耐えてきたはずです。

まさに、その辛さを共有できる筋トレ野郎的視点からしてみたら、今までのトレーニングの中で「どんだけ乳酸を出したんだい!?」と、この張りのある美味しそうな太ももを愛でながら本人に聞いてみたくなります。

イケてる筋肉を目の当たりにすると理性が吹き飛んで、顔だけではなく脳内もゴリラになる筋トレ野郎としては感じるだけでは我慢できず、ブアカーオの蹴りがこのイケメンゴリ顔に炸裂しても構わないので、その太ももを抱きしめてみたいですね〜。

凝縮感を感じまくるハムストリングに惹かれる!

ブアカーオの気持ちよすぎる大腿四頭筋で、次の筋肉観察のリングに立つ前に、すでにKO状態の筋トレ野郎なんですけど、そんな筋トレ野郎に追い打ちで攻撃してくる筋肉が、ブアカーオのハムストリング

もうね、超絶密度濃く凝縮した筋肉の塊が、まるで刃が鋭く、日本の歴史の中でも最も切れ味抜群だとされる名刀、妖刀村正のような輝きを持っているんですよ!

(出典:CHAMPIONING PHYSICAL CONFIDENCE

上のブアカーオの筋肉画像なんかを見ると、太もも裏のハムストリングの中でも、最も表層に位置する大腿二頭筋の形状が浮かび上がっているのが分かります。

しかも、その筋繊維の詰まっている感が半端ない!まさに、体積に見合わず大きな力を発揮するハムストリングと言えそう。

まるで、体積は小さいのに質量が半端ない「中性子星かっ!」とツッコミたくなるハムストリングです。(※中性子星とは質量の大きな恒星が迎える最晩年の姿)

ちなみに筋トレ野郎的視点から言わせてもらうと、ここまで筋繊維がギュッと詰まった筋肉は、相当なトレーニングの積み重ねと薄い体脂肪の実現によって初めて手に入れられます。

もしも、同じようなハムストリングが欲しくて一人で筋トレするのであれば、レッグカールなんかで、思いっきりハムストリングを収縮させて、その後のエキセントリック収縮(脚を伸ばしていく局面)を極限にスローでやる、一人SMプレイで追い込んで筋肉を肥大させ、食事管理などで全体的な体脂肪を落としていけば、近づけることが出来るかと思いますよ!

腓腹筋はこんがりジューシーチキン!

ブアカーオの美味しそうな筋肉に超絶腹が空き始めた今日この頃なんですけど、ムエタイ選手ということで下半身を注目していたら・・・あったんですよ!美味しそうな筋肉が!

その筋肉っていうのが、ふくらはぎの盛り上がった表層部分を形成する腓腹筋

いや〜、下の画像なんかを見ると、ブアカーオの足元が、「こんがり焼けたチキンレッグ」にしか見えなくてたまらないんですよ。

(出典:Pinterest

もうね、浮き出たスネの脛骨と肥大した腓腹筋のジューシーさに加え、ブアカーオの肌の色が、こんがりした焼け具合を演出して絶妙なハーモニーを生み出し、まさにブアカーオの出身国であるタイ原産「スモークチキンレッグ」になっちゃってるっていう!

ちなみに、筋トレ野郎の「筋肉ウォッチング」の楽しみの一つで、空腹でカタボリック(筋肉の分解量が増える状態)を感じ始めたら、見た目がたんぱく質食品そっくりな筋肉を見つけて妄想の中で味わい、妄想アナボリック(体内の合成が活発になる状態)に浸るという、筋肉エクスタシーがありまして・・・。

今日もブアカーオの筋肉を眺めて時間を潰していたら、例になくカタボってきたので、このチキレッグふくらはぎを妄想の中で味わいながら、そろそろ冷蔵庫に入っているスモークチキンレッグの封を切りたいと思います!

ラットスプレッドポーズ覚えたら凄そうな広背筋がイイ!

キックだけでなくパンチも大きなウェイトを占めるキックボクサーの頂点を極めたブアカーオの筋肉は、下半身だけではなくて上半身もイケメンなんですよ。

特に、その代表的な筋肉の一つとも言えるのが、ヒッティングマッスルとも呼ばれることのある背中の広背筋。

(出典:NAVERまとめ

例えば、上の画像なんかを見ると、前からのショットなのに、脇から腰に掛けて斜めに広がる広背筋が確認出来てエクセレント!

ただ、ブアカーオはボディビルダーではないので、広背筋を広げたポーズとかの画像はないのが残念です。

実際、筋トレ野郎的視点から妄想させてもらうと、ボディビルのフロントラットスプレッドポーズなんかをやっていただけたら、「モモンガかっ!」とツッコミたくなるような広背筋をお披露目してくれそうで、ヨダレが止まりません!

(下はフロントラットスプレッドポーズの例)

広背筋は、力強いパンチを繰り出した後に、腕を後方へ引いてガードポジションへ戻したり、大きな力を出してブレーキを掛けたりするために使われるため、ブアカーオの場合はおそらくムエタイの練習中に自然と手に入れることが出来た広背筋なんだと思います。

もしも、キックボクシングなどを練習していない一般ピープルが、同じように広い広背筋を手に入れようと思ったら、肩幅以上に手幅を広げて行うワイドグリップ気味の懸垂や、バーベルローイングなんかがおすすめ。

鍛えられた筋肉を拝み倒したい筋トレ野郎としては、ブアカーオにぜひラットスプレッドポーズを教えて、その広背筋の潜在能力を極限まで引き出していきたいですね〜。

腹筋はタイ名物かっ!

ブアカーオのイケてる筋肉に興奮しまくりで、すでにエネルギーを使い果たした感のある筋トレ野郎なんですけど、最後にオールアウトするつもりで腹筋を観察してみたんですけど、ブアカーオの腹筋って超絶イケてるんですよ!

(出典:Pinterest

な、何この浅黒い肌に深く掘られたような溝!

ただ割れてるんではなくて、シックスパックのパック一つずつが、分厚く発達しているのが分かります。

まるで、あの日本人が大好き(?)な虫が火星に行って進化した世界を描いた、テラフォーマーズ」に出てくる、テラフォーマー達が持つ腹筋レベルじゃないですか!

ゴキ◯リが進化した方々

(出典:むじん速報

しかも、さらに凄いのが、ブアカーオが体幹を伸ばした時の腹筋。

決して、お腹に力を入れたり、体幹を屈曲させている訳ではないのに、一般ピープルが腹筋に思い切り力を入れた時以上腹筋が割れまくっちゃってるんですよ!

いや〜、お腹が空いた状態で、ここまで分厚くて溝が深くなった腹筋を見ていると、ブアカーオの腹筋が、タイの人気料理「カオマンガイ(鶏飯にやわらかしっとりの鶏一枚肉をのせた料理)に黒のスイートソースをかけたものにしか見えなくなってきますね〜。

ソースがかかったカオマンガイってこれです

筋トレと筋肉のために常に栄養のことを考える筋トレやろうとしては、炭水化物と良質なタンパク質が一度に摂れるカオマンガイは大好物!

ぜひ、機会があれば、ブアカーオの腹筋を眺めながらカオマンガイを食べて、妄想でも現実でも筋肉へ栄養を与えていきたいですね〜。

スポンサーリンク

ブアカーオのトレーニングの特徴も筋トレ視点で観察してみる!

ブアカーオの素敵な筋肉様達を、筋トレLOVEな視点で見つめてきたんですけど、ここからはそんなブアカーオがどうやって素敵な筋肉達を手に入れたのかのヒントを探るためにも、ブアカーオのトレーニングの特徴をちょっと垣間見ていこうかと思います。

ブアカーオのトレーニングの特徴① ボルダリングで全身の筋肉と神経系を刺激しちゃってる!

まず、ブアカーオのトレーニング動画の一つを確認して気になったのが、トレーニングの中で、専用の器具を利用してボルダリングに励んでいるってところ。

(この動画の1:35辺りから確認できます)

ボルダリングは、指の力までを含めた全身を使う筋トレとも言える競技。

手で全体重を支えながら「登る」動作には、手首、肩関節、肘関節といった上半身の動きに加え、股関節、膝関節、足関節と、人体における関節全ての動作が関与することで、腕や背中を中心に、臀部や脚の筋肉までを実践的な動きの中で鍛えることが出来る優れもの。

さらに、全身のバランスを保つ必要もあるため、体幹を固定する力や、複雑な動作の中で体幹を維持する力なども同時に鍛えることが出来、実はすごく実用的ででハードな筋トレだったりします。

しかもその時の状況によって、手と脚をどう使うか瞬時に判断する必要があるので、瞬間的な判断力や神経系の発達にも有効だと思います。

そのため、実は一見すると関係なさそうなボルダリングのトレーニングというのが、全身の筋肉を超人レベルで連携させて、圧倒的なパワーやバランスを発揮するブアカーオの強さの秘密にもなってるんじゃないかと思うんですよね。

もちろん、それ以外のキックボクシングに直接紐づく力やテクニックがあってこそのことだとは思いますが、ブアカーオが他の選手より頭一つ分抜けている理由は、実はこのボルダリングだったりするかもしれません!

ブアカーオのトレーニングの特徴② 腹筋の筋トレは強度MAXで行う

ブアカーオの筋肉の特徴の一つに、圧倒的に分厚くなったお腹前面の腹直筋ってのがあったかと思うんですけど、その腹筋を作った秘密の一つが、「腹筋の筋トレを強度MAXでやってる!」ってことだと思うんですよ。

下の動画の1:09辺りから確認出来るんですが、天井から逆さにぶら下がった姿勢を作り、そこから体幹を前方へ丸める体幹屈曲を行って、腹筋を高負荷で鍛えているのが確認できます。

腹筋もその他の筋肉と同じで、十分に高負荷の刺激を加えることで、初めて筋肥大を促していくことが可能。

しかし、通常の腹筋運動である自重のクランチシットアップだけだと、どうしてもその負荷を高めることが難しい。

そこで、さらに負荷を追加するためにウェイトを抱えてクランチを行ったり、体を下に斜めにしたデクラインの状態でシットアップを行っていくなどの工夫をしていくわけですが、ブアカーオの場合は、さらに強度を高めるために逆さ状態からクランチをやってしまっている!

ここまで強度を高めた状態でクランチを行っていけば、どんなに自重のトレーニングと言えど、相当な高負荷を腹筋に加えられること間違いなし。

もちろん、他にもパートナーに腹筋を思い切り叩かせたりと、様々な腹筋の筋トレを行っているようですが、その中でも強度MAXな「天井逆さ吊りクランチ」に取り組んでいるってのは、さすが世界チャンピオンだけあります!

ちなみに、現在のブアカーオは・・・。

はい、最後におまけ。

つい最近(2017年秋頃)になぜか突然出家をしたブアカーオ。

もともと迫力のある肉体をしていたところ、髪と眉を全部剃り落とすことで、その威圧感がさらにハンパなくなっちゃいました!

髪も眉毛もある時は、頼り甲斐のある好青年って感じだったのが・・・。

はい!ラスボス登場!

ちなみに、このブアカーオの出家は、9日間限定のものらしいので、今現在はすっかりと元の生活に戻ってる(?)はずですよー!

キックボクサーとしてのブアカーオを見たい人にとっては、一安心ですね。

ブアカーオファンなら!

次の筋トレ・筋肉エンタメ記事もおすすめ!

ブアカーオの筋肉とトレーニングを筋トレ視点で画像と共に解説してみた結果・・・坊さんか!?のまとめ

ブアカーオの筋肉とトレーニングについて、筋トレ視点で画像と共に見てきました。

これからも、ブアカーオは現役選手を続けていくはずなので、今後も素敵な筋肉を見せていただけるよう、しっかりと応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする