垂れ乳・垂れた胸を戻すには筋トレ?女性のバストアップに筋トレを!

女性の皆さんの中で、垂れ乳、つまり垂れた胸にお悩みの方はいらっしゃいますか?

前回のバストアップに筋トレ!胸を大きくする方法に女性の筋トレは確認必須

スポンサーリンク
では、女性のバストアップに筋トレが良いというお話しをしました。

前回はどちらかというと、予防としてのバストアップの筋トレだったのに対して、今回はすでに垂れ乳となってしまった垂れた胸を戻す場合に効果がありそうな筋トレを、垂れ乳の原因を探りながら確認していきたいと思います。

「垂乳根(たらちね)の」という枕詞(まくらことば)が有ります。「母」の前につく言葉です。万葉集の時代から授乳後の垂れた胸は母性の現れだったのでしょう。

でも、現代の女性なら垂れ乳は嫌!という人の方が多いのでは?

それだったら、筋トレでバストアップして少しでも垂れ乳を解消しましょう!

女性の大敵である垂れた胸、つまり垂れ乳を筋トレでバストアップして戻す方法を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

垂れ乳の原因を探ってみましょう

前回のおさらいになると思いますが、まずは女性の胸の構造からひも解いてみましょう。

骨格から考えてゆくと、胸の部分には肋骨が有りますが、その肋骨の上に大胸筋という大きな筋肉が有って、その上にいわゆるおっぱいが乗っています。

おっぱいのほとんどは乳腺と脂肪で出来ていて、表面を皮膚がおおっているんです。つまり、乳腺の量が多い人がバストの大きい人になるということですね。

そして、その乳腺と大胸筋をつないでいるのがクーパー靭帯(ご存知ですか?)というものです。このクーパー靭帯がバスト自身の重みで伸びてしまったり、動いたり揺れたりしたときの衝撃で切れたりすることが垂れた胸の1つの原因になるようです。

他の垂れ乳の原因としては、バストを覆っている皮膚のたるみも一つですし、バストが大きい人はその中にある脂肪の量も増えますので、クーパー靭帯を引き延ばす傾向になり、これも原因となることがあります。

さらには、もちろんバストの土台となっている筋肉の衰えも垂れ乳を作る原因です。

垂れ乳の原因をまとめると

  • クーパー靭帯の損傷
  • 胸を覆う皮膚の伸び
  • バストの大きい人の場合は重さでクーパー靭帯が伸びてしまうリスク
  • バストの土台となっている筋肉の衰え

ちなみに、クーパー靭帯が切れてしまうと元に再生することは出来ないようですが、その代わり筋トレで筋肉を鍛えたり、ストレッチやマッサージをすることで、完全にではないにしろ垂れた胸を元に戻すことが可能になります。

20代後半からバストの下垂を徐々に意識しだしますが、特に子供を産んで授乳が終わった後の垂れ乳の頼りなさには自分でもびっくりしてしまいますよね?

垂れ乳を元に戻すことができるものなら多少の労力は惜しまない。そんな気持ちの女性がほとんどではありませんか?

筋トレが垂れ乳・垂れた胸を戻すのに効果的な訳

バストは年齢が上がるとともにホルモンバランスの変化により、乳腺と脂肪の割合が変化して、垂れ乳になったり、脇に流れやすくなったりします。

女性のバストの張りは女性ホルモンとも関係が深いのですが、筋トレを行って体温を上げ、血流を滑らかにすると、女性ホルモンの分泌も盛んになります。その結果、バストの張りを出し少しでも垂れた胸を戻すことができるのです。

さらにバストは大胸筋という筋肉に支えられていますので、大胸筋の筋トレが垂れ乳の解消に有効だということは、もう充分理解できますよね?

バストアップだけでなく、綺麗なデコルテも合わせて自分のモノにしたいので、ついでに筋トレで小胸筋も鍛えましょう。首筋からデコルテ、胸へと続くラインを筋トレで整えて、若い頃の綺麗なラインに戻すことができると思うと楽しくなりますよね?

 エクササイズや筋トレをして、垂れた胸や緩んだお腹をもとのように戻しましょう。難しいことでは有りません。続ければ良いのです。

地道にコツコツ、亀の歩みでも休まず続ける人が垂れ乳の解消という望んだ結果を手にすることができます。

垂れた胸の解消にDVDまであるとは…

次のページで垂れた胸を戻すのに効果的な筋トレ・ストレッチをご紹介です。


スポンサーリンク

シェアする