ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)の効果とやり方!

スポンサーリンク

大胸筋の筋トレと言えば「腕立て伏せ」!でも、その腕立て伏せもちょっと飽きてきた、とか最近思うように効果が上がらない・・・と感じていることはありませんか?

腕立て伏せにも色々な種類のものがありますが、どこでも簡単に出来て、さらに普通の腕立て伏せい追加で刺激をアドオン出来る変形型の腕立て伏せがあったらどうでしょう?

そんな皆さんにご紹介したい大胸筋の筋トレがあります。それは、腕立て伏せに一捻り加えた、ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)です。

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)は器具が不要、しかも自重で、大胸筋、上腕三頭筋の他、腹筋や背筋なども総合的に鍛える効果がある超優秀な腕立て伏せです。

床さえあればいつでもどこでも出来るので、マスターするのをおすすめします。さらには、旅先や実家でもガンガン出来る筋トレなので、ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)の効果ややり方を確認して、取り組みましょう!

スポンサーリンク

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)のトレーニング方法

まず、両手を床につき、腰を上げます。次に、腕立伏せをするように腕を曲げながら顔を床すれすれまで持っていきます。

その流れで顔を上にあげていき、上体を反らします。逆の動きを行い、元に戻ります。体が楕円描くように、又は波打つようなイメージです。※映像を見た方が理解しやすいかと思います。

10回x3セットを目安に行いましょう。

ヒンズープッシュアップ

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)のトレーニング方法まとめ

  1. 両手を床につき、腰を上げる
  2. 腕立伏せをするように腕を曲げながら顔を床すれすれまで持ってくる
  3. その流れで顔を上にあげていき、上体を反らす
  4. 逆の動きを行い、元に戻る※この時のイメージは体で楕円を描くように又は波打つように
  5. 10回x3セットが目安

(ヒンズープッシュアップのやり方を映像で確認して!)

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)のポイント

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)は基本の腕立て伏せ(プッシュアップ)の発展形とも言えるものであり、大胸筋、上腕三頭筋に加え、腹筋や背筋なども総合的に鍛える事ができる筋トレです。

そのため、動作の際、肘の曲げ伸ばしをするのではなく、体全体を動かすことがポイントです。体を下ろしていく際、浅い軌道ではなく、顔が床スレスレになるぐらいの深い軌道で動かすようにしましょう。また、スタート時に、お尻を高く上げると、ダイナミックな軌道を描くことが出来ます。

両手を床につく際は、両手の幅を広げすぎない方がより大きな効果を感じられます。そして、動作の軌道をダイナミックにすればするほど負荷も上がるので、少ない回数でより高い効果を出したい場合は、体の動きを大きくすると良いでしょう。

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)のポイントまとめ

  1. 肘の曲げ伸ばしをするのではなく、体全体を動かす
  2. 体を下ろしていく際はい軌道ではなく、深い軌道で動かす
  3. スタート時に、お尻を高く上げ、ダイナミックな軌道を描く
  4. 両手は広げすぎない
  5. 少ない回数で高い効果を得たいならダイナミックに体を動かす

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)の筋トレ効果

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)は大胸筋、上腕三頭筋に加え、腹筋や背筋なども総合的に鍛える事ができる効果が特徴のため、男性であれば通常の腕立て伏せで期待できる、厚い胸板作りや逞しい二の腕作りだけではなく、逆三角形の上半身づくりにまで効果的です。対して、女性であれば上半身の引き締めやバストラインのシェイプに効果的です。

この他、大胸筋は上半身の中で最も大きな筋肉のため、鍛えることで代謝アップ、ダイエット効果も期待できます。さらには、ヒンズープッシュアプの刺激は、通常の腕立て伏せとは異なるため、大胸筋に飽きを感じさせずに、新しい刺激を追加で与え続けることが出来ます。結果として、基本の腕立て伏せと合わせることで、筋肉をより発達させる効果も生まれます。

そして、基本の腕立て伏せに比べて、ダイナミックに動かすと負荷はがかなり大きくなるので、少ない回数でも大きな効果を得ることが出来るのも、この筋トレの特徴です。

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)の注意点

ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)は動作の中で腰を大きく反らす筋トレです。そのため、腰に痛みのある時は行わないようにしましょう。また、手首のもかなりの負担がかかるため、しっかりとウォーミングアップをしてから行うように注意してください。特に体が冷えている場合などは、一度温めてから開始しましょう。

また、ごく稀にですが、慣れていない方の場合、頭に重心をかけすぎて、顔から床に突っ込んでしまう場合があるので、しっかりと支えるように注意しましょう。

ヒンズープッシュアップやるなら揃えておくと良くない?

腕立て伏せは他にも沢山やり方があります

いかがでしたか?

器具が不要で大胸筋、上腕三頭筋に加え、腹筋や背筋なども一気に鍛えることができるなんて、嬉しいですよね?しかも、みるからにハードな動きで、達成感もタップリです。

柔道などでは、昔から取り入れられている筋トレ方法です。それだけ、筋肉を鍛える効果も高いってことですね!しっかりマスターして、カッコいい上半身をゲットしましょう!

スポンサーリンク

シェアする