胸筋を鍛えるにはインクラインダンベルベンチプレス!【大胸筋の筋トレ】

スポンサーリンク

筋肉隆々の厚い胸板、バストアップされた胸元を自慢するには、大きく胸元の開いた服がイチバン!

ところが、そのような服を着ても、いまいち胸元がキマッていない。そんな風になっていませんか?

しっかりと筋トレして鍛えているのに、胸元の見栄がイマイチだとしたら・・・。それはきっと、胸筋の上部が原因かもしれませんよ!

残念な事に、胸全体を鍛えていても、大胸筋の筋トレをしていても、胸筋の上部が盛り上がっていなければ、胸元は貧弱に見えてしまうのです・・。

そこで、今回ご紹介するのは、胸の上部を鍛えて大胸筋に効く「インクラインダンベルベンチプレス」です。

上部を中心に胸筋を鍛えるには、このインクラインダンベルベンチプレスが最高!

「胸元には自信がない」「カッコイイ胸元を手に入れたい!」という方は、今すぐチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

インクラインダンベルベンチプレスのトレーニング方法

まず、両手にダンベルを持ち、インクラインベンチに仰向けに寝ます(ベンチの角度は30度~45度にしてください)。

次に、肩甲骨を寄せて胸を張り、腕を真上に伸ばして構えたら、セット完了です。

その後、胸の張りを維持したままひじを深く曲げ、鎖骨の高さぐらいまでダンベルを

下ろす。

そして、元の位置に戻します。

10回×3セットを目安に行いましょう。

インクラインダンベルベンチプレスのトレーニング方法まとめ

  1.  両手にダンベルを持ち、インクラインベンチに仰向けに寝る
  2. 肩甲骨を寄せて胸を張り、腕を真上に伸ばして構えたら、セット完了
  3. 胸の張りを維持したままひじを深く曲げ、鎖骨の高さぐらいまでダンベルを下ろす
  4. 元の位置に戻す
  5. 10回×3セットが目安

(英語だけどフォームの参考にどうぞ!)

インクラインダンベルベンチプレスのポイント

インクラインダンベルベンチプレスは、大胸筋を強くストレッチでき、胸筋を鍛えるには非常に効果的な筋トレです。

ストレッチを弱めないためには胸の張りを維持し、正しいフォームを意識して行う事がポイントとなります。また、動作の終始、反動を使わないようにしましょう。

大胸筋のストレッチを感じながらゆっくりとダンベルを下ろし、大胸筋の収縮を感じながらダンベルを戻す事がポイントです。

インクラインダンベルベンチプレスのポイントまとめ

  • 胸の張りを維持し、正しいフォームを意識して行う
  • 動作の終始、反動を使わない
  • 大胸筋のストレッチを感じながらゆっくりとダンベルを下ろす
  • 大胸筋の収縮を感じながらダンベルを戻す

インクラインダンベルベンチプレスの筋トレ効果

インクラインダンベルベンチプレスは、バーベルよりも圧倒的な可動域、筋肉の収縮を体感できるため、効率よく胸筋を鍛えるには欠かせない種目です。

胸筋を鍛えるには、毎回同じ角度からの刺激だけではなく、たまに別の角度からの刺激をダンベルを用いて与えると成長の度合いも変わってきます。

特に、大胸筋上部や肩前部の発達に効果的で、大胸筋の中心部にまで負荷をのせやすい大胸筋の筋トレのため、高さのある胸板づくりに効果的です。

インクラインダンベルベンチプレスの注意点

インクラインダンベルベンチプレスは、大胸筋上部や肩前部の発達に効果的な種目ですが、大胸筋が発達していない状態でインクラインダンベルベンチプレスを継続しても、胸の上部が飛躍的に発達する可能性は低くなります。

大胸筋上部の発達は、大胸筋自体の発達が重あってこそなので、まずは、しっかりとフラットで行うプレス種目(ベンチプレス等)や、デクラインで行うプレス種目などで、大胸筋全体を鍛えるようにしましょう。

このインクラインベンチの評価高いんだけどなんでだ?

他のベンチプレスを知りたければ次の記事もどうぞ

いかがでしたか?

胸筋を鍛えるには、様々な筋トレがありますが、見栄えの良いカッコイイ胸元をつくるには、このインクラインダンベルベンチプレスがおすすめです。

ベンチプレスなど、基本の筋トレで胸全体を鍛えたら、次のステップとして、ぜひ取り入れて下さいね!

上部の膨らんだカッコイイ胸元が手に入れば、洋服を着た時の印象が大きく変わります。しっかり鍛えて、皆の視線を奪いましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする