デッドリフトの世界記録|現在のデッドリフトの世界一はこちら!

デッドリフトの世界記録を知っていますか?デッドリフトで上を目指すなら現在のデッドリフトの世界記録を確認してみましょう。世界一の怪力の持ち主は一体!?

歯を食いしばってデッドリフトする男性

デッドリフトの世界記録を知っていますか?

日本にはあまり情報が入ってこないのですが、じつはデッドリフトの世界記録というのは、欧米では結構注目されていて、レコードが達成されるたびにニュースで見かけることがあります。

デッドリフトのフォームを一生懸命勉強して筋トレしている人は、デッドリフトの平均値などと一緒に、デッドリフトの世界記録なども確かめておくと、やる気が起きるかもしれません。

今回は、デッドリフトの現在(2019年4月)の世界記録がどんなものか紹介していこうと思います。

筋肉を鍛えてデッドリフトで上を目指す人は、ぜひ確認してみましょう!

現在のデッドリフト世界記録保持者

まずは、デッドリフトの世界記録保持者「エディ・ホール」についてご紹介いたします。

エディ・ホール(2019/4/24現在)

現在のデッドリフトの世界記録保持者、エディ・ホール。

エディ・ホールはイギリス人のリフターで、身長189cmに対して体重が173kgと、その大柄な体格を存分にいかし、デッドリフトの世界一に輝いています。

彼は数年前からデッドリフトの世界記録を更新中で、世界トップ中のトップのタフガイ達が力を競い合う、ワールドストロンゲストマン(World’s Strongest Man)にも参加している、正真正銘の筋肉パワーリフターの一人です。

現在のデッドリフトの記録は?

次に、現在の世界記録がどれくらいなのかみていきましょう。

2016年7月9日に500kgの記録が誕生!by エディ・ホール

世界記録

現在のデッドリフトの世界記録は、ストロンゲストマンルールのもとでエディ・ホールが2016年7月9日に達成した、500kgというものです。
これは、ノーギアでの記録。

じつはエディ・ホールは、2016年3月5日に開催されたアーノルドストロングマンクラシックでも、自分の持つ以前の記録(1025ポンド/約462.5kg)を塗り替えて、1025ポンド/約465kgを達成したばかりでした。

そのレコードをわずか4ヶ月でいっきに35kgも塗り替えて、500kgのデッドリフトの挙上を達成。
現在もデッドリフト世界保持者として頂点に立ち続けています。

筋トレ初心者の方へ補足…ノーギアとは?

「ギア」とは、体をサポートする道具のこと。
筋トレ界では、ベンチシャツやスーパースーツといったウェアも「ギア」として扱います。

  • ノーギア:
    ギアをつけない競技方式です。
    ベンチシャツなどのギアスーツは着用しませんが、リフティングベルトやリストストラップは使用できます。(一定の条件あり)
  • フルギア:
    ギアを使用した競技方式です。
    リフティングベルトやリストストラップのほか、ベンチシャツ・スーパースーツや、ニーラップなどを装備可能です。

デッドリフトの世界記録を達成したと同時に病院へ運ばれたエディ・ホール

500kgのデッドリフト挙上を成し遂げたエディ・ホール。
しかし残念なことに、その新記録を達成した直後、エディ・ホールの体はその負担に耐えられず、両膝から倒れてしまいました。

その後、なんとか歩けるようになったものの、彼は病院送りとなってしまいます。

ちなみにエディ・ホールは、その後のインタビューで当時のことを次のように振り返っています。

死ぬかと思ったよ。
あの体に掛かったプレッシャーは、現実に耐えられる負荷を超えていたと思うよ。

持ち上げた後に気絶してたし、鼻血も出ていたからね。
あんなこと、健康のためにもやっちゃだめだと思うよ。

このように、エディ・ホールの様なタフガイにとっても、相当な負荷が掛かっていたことを証言しています。
リフティング後、エディ・ホールの頭の血管が破裂しているのも見つかったそうです。

しかし体調を崩しながらとはいえ、彼が500kgのリフトを達成したのは確かです。
この結果に伴い、デッドリフトの世界記録保持者として、これからも長い間そのレコードは破られないことでしょう。

エディ・ホールも次のように述べています。

とにかく凄く気持ちいい。
いってみれば、月の上に最初に降り立った人や、1マイル(約1.6km)を4分以内に走れたりする人が感じるのと同じような気持ちよさだと思う。

自分は1トンの半分、つまり500kgのデッドリフトを人間の歴史上、最初に挙上できた人間ってことだからね。
それって歴史ってことだし、その歴史の一部に自分が加われたのはとても誇りに思えるよ。

頭の血管が破裂して病院送りになりながらも、なんとも前向きなデッドリフトの神様、エディ・ホールでした。

デッドリフトの世界記録が塗り替えられた瞬間の動画

デッドリフトの世界記録が樹立された瞬間の映像をチェックしてみましょう。

エディホールが500kgを挙上した時の動画(2016/7/9)

上の動画をみると、エディホールが500kgのデッドリフトを行い、新世界記録を樹立した一部始終を確認することができます。

実際に気絶してしまうところまで映っていますよ。

その他のデッドリフト世界記録

デッドリフトは、細かくみていくとさまざまなルールの下で行われています。
そのルールごとに世界記録というものが存在するのです。

それぞれのデッドリフトの世界記録を、簡単にご紹介しておきましょう。

デッドリフト世界記録の種類
  • ロウデッドリフト(Raw deadlift)
    • 世界記録:460.4kg (ベネディクト・マグヌソン)
    • デッドリフトスーツは許可されておらず、トレーニングベルトのみが許可されており、素手で行う。
  • ハーフデッドリフト
    • 世界記録:536kg(エディ・ホール)
    • リストストラップを利用してハーフデッドリフトでの挙上が許可されている
    • トム・マギーの世界記録535kgを、2017年にエディ・ホールが1kg上回り記録更新!まさに超人!
  • タイヤデッドリフト
    • 世界記録:524kg(ジドラヌス・サビクタス)
    • プレートの代わりにタイヤを付けて行うデッドリフト

ちなみに、女子のデッドリフト界では、どれくらいの重量をあげられるのでしょうか?
アメリカ生まれのパワーリフティング界72kg級女王、キンバリー・ウォルフォードは、ノーギアで242.5kgという記録を達成しています。
男性諸君、うかうかしていられないですよ!

次のデッドリフトの記事もおすすめ!

デッドリフトの世界記録|現在のデッドリフトの世界一はこちら!のまとめ

今回は、デッドリフトの世界記録についてみてきました。

まったくの未経験の一般的な日本人男性がデッドリフトを行った場合、およそ60kgの挙上しかできないとされています。
そんななか、世界には驚くほどの重量をデッドリフトできるツワモノがいるんですね。

また世界記録が塗り替えられたさいには更新していこうと思います。

筋トレキャンプでした!

この記事を書いたのはこの人
トップへ戻る