マッチョのファッション7つの秘訣!筋肉美を際立たせる服装を楽しもう!

マッチョのファッション7つの秘訣を確認して、筋肉美を際立たせる服装を楽しんでいきましょう。マッチョこそファッションで輝きましょう!

スポンサーリンク

マッチョのファッションについて見ていきます。

マッチョな人にとって、筋トレを頑張ってつけたその筋肉というのは自分にとっての誇り。出来れば普段から自慢したいと思っている人も多いかと思います。

しかし、マッチョな体を持つ人にとって、一つネックなのがファッション。

一般的に販売されていたり、流行する服装というのは、あくまでも普通の体型を想定されて作られており、なかなか筋肉隆々の体の美しさを引き立てるようなスタイルではないことがほとんどです。

だからと言って、筋肉の美しさを隠してしまうようなファッションや、マッチョボディには似合わないファッションで身を包んでしまうのはもったいない。

今回は、筋肉を美しく表現したいマッチョがファッションを考える際に抑えておきたい、7つの秘訣を紹介していきます。

スポンサーリンク

筋肉に合う服装で輝こう!マッチョのためのファッション7つの秘訣

マッチョのファッション秘訣① 上半身にはフィットしたもの又は一回り小さめのものを選ぶ

普段から、激しいトレーニングに打ち込んで、プロテインを飲んで、無駄な脂肪を燃焼している理由というのは、かっこいい肉体を手に入れるためですよね?

その結果が、大きく横に広がった肩と背中、そしてキュッとしまったウエストのラインによって作られた、逆三角形のマッチョボディだと思います。

そんなかっこいいマッチョボディを手に入れたのであれば、その美しくて迫力のある体をわざわざ隠す服装ではなく、自慢したいと感じる人の方が多いはずです。

マッチョの特権である美しい肉体美を際立たせるためにも、上半身の服装を選ぶ際には、ダブダブの服ではなくて、フィットするものか、一回り小さめのものを購入してみるのがおすすめ。

  • 伸縮性のあるシャツなどは
    • → 一回り小さめのもの
  • ジャケットなどの上着は
    • → フィットするもの

を基準に選べば、筋肉をまとった美しいマッチョボディをさらに際立たせるファッションの完成です。

ちなみに、肩幅が広い逆三角形ボディを持ったマッチョは、ボマージャケットを試してみるのが良さそう。

ボマージャケットは、大きな肩幅の印象を少し抑えながらも、丈が短めな特徴から、マッチョでありながらもスリムな雰囲気を醸し出してくれ、美しいマッチョボディをさらに引き立ててくれます。

服がキツイ場合には仕立屋に相談してみる!

ちなみに、小さめのサイズの服装を選ぶと、全体的には凄く気にっている服装なのに、キツすぎると感じる箇所も出てきて、あまり着なくなってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、そのキツイと感じる箇所だけをオーダーメイドで補正してもらうように、仕立屋さんへ相談してみましょう。

キツイ箇所を補正して、自分の体にさらにフィットした服が完成すれば、自分の美しいマッチョボディを際立たせる、世界にオンリーワンのファッションが完成します。

また、マッチョボディを持つ人にとって、既製品の服装の多くは、なかなか完璧に体にフィットするとは言い難かったり。

特にマッチョにとっては、上半身の中でも「肩」と「胸」に似合う服装を見つけるのは大変。

そのため、金銭的に余裕があるのであれば、既製品を補正してもらう以外にも、オーダーメードで自分の体に完璧にフィットした服をあつらえてもらうことも、検討してみると良いかもです。

マッチョのファッション秘訣② だぶだぶのジーンズははかない、でもスキニーすぎるものもやめる

マッチョボディと言えば、どうしても上半身に注目が集まりやすいですが、下半身の筋肉も同じように大きく鍛えられていることがほとんど。

そのため、下半身の筋肉に合う服装もしっかりと考えていかないといけません。

そして下半身に合う服装を考える場合、上半身とは違い、大きく肥大した脚の筋肉に対して、一回り小さめのズボンを履くのは避けた方が無難。

よっぽどの筋肉好き以外、ズボンの外から目立つ筋肉のラインに対して、あまり好ましい印象を持たない人の方が多いかと思います。

そのため、大きな太ももの筋肉を抑え気味に表現してくれる、少し余裕のあるズボンを履くのがおすすめ。

だからと言って、ダボダボすぎるのはこれまたNG。

ダボダボ過ぎると、せっかく鍛えた美しい筋肉のラインが全く意味をなさなくなってしまったり、フィットした上半身の服装に合わなくなってしまいます。

マッチョの美しい筋肉ラインを出しながらも、目立ちすぎないようにするために、スリムフィットで少し大きめのサイズに合わせてみるなんていう工夫が良いかと思います。

ちなみにマッチョにとっては、脚も似合うファッションを見つけるのが困難な部位。

そのため、上で触れたように、仕立屋に協力を求められるなら相談して、よりフィットするズボンを仕立ててもらうのも一つの手です。

マッチョのファッション秘訣③ バランスが鍵!

ファッションを着こなす上で大切なポイントと言えば「バランス」。

同じ服であっても、自分の体型とのバランスによっては、かっこよく見えたり、逆にダサく見えてしまったりします。

そして、このことは、筋肉隆々のマッチョのファッションにだって当てはまる重要ポイント。つまり、マッチョがファッションを着こなす際には、「バランスが鍵」だってこと。

例えば、胸や腕を目立たせる服を着ることは、マッチョにとっては気分が良くなることかもしれませんが、もしかすると、それらの箇所を強調し過ぎた結果、他の部位とのバランスが崩れ、全体的な見栄えが悪くなってしまっている可能性が出てきます。

そのため、上で触れたように、単純に「フィットする服を着る」だけではなく、自らのマッチョボディの特徴を把握して、筋肉美を際立たせていくように服装を考えていくことが必要になってくるかと思います。

具体的には、「上半身の筋肉量の方が目立つ」のか「下半身の筋肉量の方が目立つ」のかの二つに分けて、以下のようにそれぞれの筋肉美の特徴にあった服装をコーディネートしていくと良いかと思います。

  • 上半身の筋肉量の方が目立つ場合
    • 少しゆとりがあるズボンを履く
    • 下半身の細さが目立つ体型のため、下半身にピッタリ合いすぎるスキニージーンズだと、上半身がゴツくて下半身が細い鶏のような印象になり、全体としてあまりかっこいいとは言えなくなってしまう
  • 下半身の筋肉量の方が目立つ場合
    • 体にピッタリとフィットし過ぎたシャツは避ける
    • 下半身はとても太いのに上半身が比較的細いため、フィットし過ぎたシャツを着てしまうと、上半身の細さが強調されてしまうことがあり、下半身が異様に太くて上半身が細い、なんとなく違和感のあるファッションになってしまう

このように、自分のマッチョ体型の特徴を把握して、体の一部だけを強調しすぎないで、全体が調和を取れるような服装を検討していきましょう。

スポンサーリンク

マッチョのファッション秘訣④ 軽めの服を重ね着する!

マッチョボディを見せるためには最も嫌な季節である冬。

気温が低くなるために、どうしても厚手の上着を着てしまいたくなります。

しかし、厚手の上着を着てしまうことは、逆に言えば、鍛え上げた自慢のマッチョボディを目立たせられなくなってしまうということ。

もちろん、筋肉のラインが全く感じられない厚手の服装でOKというならそれでも良いかもしれませんが、せっかく手に入れた芸術的な筋肉を感じられるようにするためにも、冬であっても出来るだけ厚手の服を着るのは我慢しましょう。

その代わり、

  • 軽めの長袖を何枚か羽織ってジャケットを着てみる
  • クルーネックTシャツの上にメリノウールの長袖を着てみる

なんていう工夫をすれば、マッチョのボディラインを失うこともなくなり、冬でもオシャレマッチョなファッションを実現でき、さらに東京の冬の気温ぐらいであれば、十分に体を暖かく保つことが出来るはずです。

マッチョのファッション秘訣⑤ マッチョに合ったブランドを見つける

マッチョのファッションを考える上で抑えておきたい大切なポイントが、マッチョに合った服を多く提供するブランドを見つけること。

筋肉隆々で逆三角形の体を自然と際立たせてくれる服を沢山保有するブランドを見つけることは、マッチョがオシャレになるための、最も効果的で効率的な方法と言えます。

例えば、同じサイズであっても、ブランドによって全く服装の形状が異なったり、フィット感が異なってくるため、一般的なボディラインの枠から外れてしまったマッチョにとっては特に、それが大きな印象の違いとなって現れてきます。

これは、各ブランドが特定の層や場所、体のスタイルをターゲットにして製品を作るため起こること。

沢山のブランドが集まるショッピングモールなどに行く際には、出来るだけ多くのブランドのファッションを試着してみて、自分の筋肉隆々の体に合う服装を見つけるようにしてみましょう。

自分の体型に完璧にフィットする服を見つけられれば、そのブランドの他の洋服もマッチョボディに合う可能性が高いと言えます。

ちなみに、個人的な経験から言わせてもらうと、国内のブランドより、欧米系の海外ブランドの方が圧倒的にマッチョボディを強調出来る服装があると感じています。

これは、欧米ではマッチョな体というのが日本以上に一般的であり、そのマッチョ層をターゲットとしたファッションもラインナップの一つにあることが理由かも。

そして、欧米系の海外ブランドの中でも、価格も安くて購入しやすいH&Mなんかのシャツは、比較的マッチョボディを引き立てる服が多く用意されていると思うのでおすすめです。

自分に合うブランドが見つけられれば、ファッションに悩む時間を短縮でき、無駄な時間の多くを省けますよ!

マッチョのファッション秘訣⑥ トレンドは追わない

残念ながら、世間でいうファッショントレンドに乗っかった大多数の服装は、マッチョな人を視野には入れていません。

そのため、流行している服に身を包みたくなったとしても、一旦その衝動を抑えて、本当に筋肉隆々の自分の体に合うのかどうなのかを冷静に考えてみるのが無難。

おそらく、マッチョな体がトレンドにならない限り、ほとんどの場合において、流行りの服装というのはマッチョには合わないはずです。

しかし逆を言えば、マッチョこそ、トレンドなどは全く気にせず、自分独自の美しさを引き立てたオンリーワンのファッションで勝負していけるということ。

そして、トレンドに流される大多数の人を尻目に、自らのボディラインで勝負していけるということです。

マッチョはトレンドは追わないで、自らのファッション道を追い求めていきましょう。

ちなみに、マッチョがファッションのリスクをとりたくない場合は、クラシックな服装に身を包めるのがおすすめ。

地味だけと清潔感のあるTシャツやトレーナー、そこに自己主張しすぎないスマートな腕時計を合わせるだけで、十分にかっこよさを引き出していけますよ。

マッチョのファッション秘訣⑦ 新たな試みも大切

男性は、気に入ったものが見つかると、食事、娯楽、ファッションに関係なく、特定のものに長期間固執する傾向があります。

これは、決して大きな問題ではありませんが、せっかく手に入れたかっこいいマッチョボディをさらに際立たせていくために、たまには少し冒険をして、自分のスタイルの範囲を広げていくことも大切。

もしかしたら、今まで以上に筋肉ボディに合う服装を見つけることが出来るかもしれません。

今まで着るなんて想像したこともなかった、新しいタイプの服装を試してみましょう。

例えば、

  • いつもジーンズばかりならば
    • スラックスを試してみる
  • 常にリブ編みのシャツを着ているならば
    • ドレスシャツを試してみる

なんていった具合。

このように、今までとは毛色の違ったスタイルを試して行くなかで、自分のマッチョボディに似合う、特定の場面においてより最適なスタイルを見つけていくことが出来ます。

マッチョこそ、健康的で魅力的なボディの持ち主だからこそ、そのスタイルの幅を広げて、いつでもどこでも最高のオシャレを楽しめるようになっていきましょう!

完全マッチョ仕様でしょ。

次の筋トレ記事もおすすめ!

マッチョのファッション7つの秘訣!筋肉美を際立たせる服装を楽しもう!のまとめ

マッチョがファッションを考える場合に抑えておきたい、7つのポイントを紹介してきました。

ファッションの着こなし次第で印象が全く変わるからこそ、そのマッチョボディの潜在的な魅力を最大限に発揮して、誰もが見とれるかっこよさを身につけていきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする