筋トレのモチベーション維持方法!辛いハードなトレーニングや食事管理を乗り切ろう!

筋トレのモチベーション維持へ効果的だと思われる方法を、参考として紹介していきます。大きな目標を達成するためにも確認してみましょう。

筋トレのモチベーション維持へ参考になりそうな方法を見ていきましょう。

筋トレに関わらず、ある物事に対してずっとモチベーションを維持するというのは、簡単なことではありません。

このことは逆に、モチベーションを維持して一つのことを続けていければ、長期的に見て圧倒的な成果を達成していけるということでもあります。

そしてこれは、もちろん筋トレに関しても同じです。

今回は、筋トレのモチベーションを高めるだけでなく、維持するために効果的かもしれない方法を紹介していきます。

筋肉の肥大やダイエットなど、最終的な目標は違ったとしても、モチベーションを高める上で参考になるかと思うので確認してみましょう!

筋トレのモチベーションを維持する方法のヒント

筋トレのモチベーション維持方法1)仮想ライバルを想像する!

筋トレのモチベーションを維持する方法として、仮想通貨ならぬ仮想ライバルを想像してみるのは良い方法。

筋肉量では互角、または少しだけ自分より優っている人(例えば、同じジムでトレーニングしている人など)を想像してみましょう。

自分より少しだけ前を行くライバルを目にして、そのライバルに負けまいと勝手に対抗心が高まってくるかと思います。

この対抗心を上手く筋トレに対するモチベーションに変えれば、簡単に筋トレに対するやる気を維持していけるはず。

筋トレが辛いとギブアップしそうな時ほど、仮想ライバルを頭に思い描いて、モチベーションを維持していきましょう!

筋トレのモチベーション維持方法2)嫌いなあの人の顔を思い浮かべてみる!

高重量のダンベルやバーベルを持ち上げようとする時は、普段以上に大きなモチベーションと心構えが必要です。

しかも、何度も繰り返して辛くなってくると、早く止めたいという気持ちがどんどん強くなっていきます。

そんな時は、自分の前に大嫌いなあの人がいると思い浮かべてみましょう。

すると、その人をぶっ倒すためにも火事場の馬鹿力が出るのか、辛いと思っている挙上動作をあと数回繰り返していきやすくなります。

嫌悪感をエネルギーに変えるのも、筋トレのモチベーション維持に役立ちます!

筋トレのモチベーション維持方法3)普段とは違うサプリメントを試す!

筋トレに限らずなんでもそうですが、マンネリ化はモチベーションを下げてしまう一つの原因。

つまり、マンネリ化にならないように工夫していくことが、筋トレのモチベーション維持には役立つかもしれないということ。

そこで試してみたいのが、普段から飲んでいるホエイプロテイン以外のサプリメントも、筋トレに取り入れていく方法。

例えば、筋肉が発揮出来る力を高めるとされるクレアチンやNOブースターを利用してみれば、それだけで、なんとなく普段とは違う意識が芽生え、筋トレを始める前にモチベーションを上げて、トレーニング中も維持しやすくなるかもしれません。

ちょっと最近やる気が落ちてると思ったら、今まで使ったことがないサプリメントへ手を伸ばして見ると良いかもです!

筋トレのモチベーション維持方法4)筋トレメニューを変える!

また、マンネリ化に関して言えば、筋トレメニューを変えることも忘れずに。

毎日、そして何週間も、同じ筋トレメニューばかり続けるのは退屈です。

ただ同じことを続けてこなすためだけに筋トレをするのではなく、筋トレメニューへ変化を加えるようにしてみれば、それがモチベーション維持に役立つことは大いにあります。

特に、今まで自分が試したことのないような動きを行ったりマシンを利用した筋トレに取り組むと、新鮮な気持ちと共に、新しいことを学ぶためにも集中力が高まり、筋トレ全体に対してのモチベーションを維持しやすくなります。

筋トレメニューに変化を加えることは、同じ刺激に対して筋肉が慣れて成長を止めてしまうことを防ぐ意味でも効果的なので、モチベーション維持目的と合わせて取り組んでいきましょう。

筋トレのモチベーション維持方法5)リカバリーウィークを作る

マンネリ化対策として、6~8週間ごとにリカバリーウィークを設けるというのも、筋トレに対してのモチベーションを維持する良い方法。

6~8週間おきに、普段より負荷を低くして行うディロード、または筋トレを全くしないで食事だけに注意を払う、一週間の完全休養週間を設けてみます。

こうすることで、少しずつも蓄積してしまった体力面での疲労を完全に取り除くだけでなく、メンタル面でもリフレッシュすることにつながり、その後にトレーニングを再開した際には、高いモチベーションを維持しやすくなります。

ただし、リカバリーウィークが2週間も3週間も続いてしまうと、今度は逆に、筋トレを再開するやる気が減ってしまうので、その点だけは注意しながら利用していきましょう。

筋トレのモチベーション維持方法6)チートデイよろしく

筋トレをして理想的な肉体改造を行っていく時は、トレーニングだけでなく食事にも気を使いながら、制限を掛けることがあるかと思います。

すると、その食事管理が多少なりともストレスになり、モチベーションにも影響してしまうことがあります。

そこで、もしも食事管理が少なからずメンタル面での負担になっていると感じる場合は、モチベーションを維持していくためにも、一週間に1日は、好きな物をなんでも食べて良いチートデイに充ててみましょう。

こうすることで、食事制限によるストレスを解消することにつながり、筋トレに対してのモチベーションを維持しやすくなります。

筋トレのモチベーション維持方法7)好きな音楽を聞く

筋トレのモチベーション維持方法として当たり前のことかと思いますが、好きな音楽を聞きながらリフティングを続けるというのは、トレーニング中のモチベーション維持に最適。

場合によっては、激しいトレーニングに取り組んでいるという現実さえ忘れさせてくれたり、逆に、さらに激しく気持ちを高めることで、大きな力と同時にモチベーションを発揮して取り組んでいけるようになります。

筋トレのモチベーション維持方法8)ミュージックビデオの力!

また、音楽だけでなく、動画付きのミュージックビデオの力を借りてみるのもおすすめ!

YouTubeなんかで探せば、筋トレのモチベーションを高めてくれるビデオクリップを、イケてる音楽でアレンジしたミュージックビデオがたくさんあります。

そのようなミュージックビデオをたまに見て、トレーニング中はそのビデオの音楽を聞きながら行うと、頭の中に映像が浮かんできて、辛いトレーニングでもモチベーションを維持しやすくなります。

ちなみに、個人的に最近は以下のミュージックビデオがおすすめ!

Anllela Sagra – Workout Motivation ? Female Fitness Motivation

筋肉女子、アンジェラ・サグラのミュージックビデオ。筋肉美女の動画と一緒に、イケてる音楽でアドレナリン全開です!

Best Gym Trap Music mix ?- 1 Hour Epic Workout Music?? – 2017

動画自体は最初の3分ぐらいしかないけど、出てくるマッチョに、スティーブクックやジェレミーブエンディアなど、有名どころが多くてクールな上に、音楽のチョイスがイケてるので凄くいいです!

筋トレのモチベーション維持方法9)気分の上がる映画を観る!

昔で言えばロッキーシリーズのような映画を見るのも、筋トレに対するモチベーション維持にはおすすめな方法の一つ。

たくさんの障害を乗り越えて強さを磨き、偉大な人物に上り詰めていくような映画は、辛い筋トレを乗り越えて大きな目標へ到達する道筋と似ているため、共感から生まれるモチベーションを有効活用していけます。

「最近映画を見てない」なんて人は、筋トレのモチベーション維持効果がある映画を視聴してみれば、息抜きにもなって良いかと思いますよ!

筋トレのモチベーション維持方法10)セルフィーを活用

スマホでセルフィーを撮って、ビフォーアフターの写真を並べると、それが筋トレのモチベーション維持に有効になってくるかもしれません。

特に、客観的に画像を確認することで、以前より目標に対して一歩でも近づいていることが分かれば、もっとやる気を出していくことにつながるはずです。

もちろん、逆に目標から遠ざかってしまっている場合は、モチベーションが上がらないかもしれませんが、その場合は、セルフィーのビフォーアフターを比較しなければOK。

目標に近づいたと思った時の写真だけを当時の写真と比較して満足感を得れば、ネガティブな影響を受けずにモチベーションを維持することが出来るかと思います!

筋トレのモチベーション維持方法11)健康!健康!健康!

筋トレが辛いと思った時には、「健康のため」だと再認識して取り掛かってみましょう。

特に、家族など、自分の健康を維持して守らなくてはいけない人がいる場合は、なおさら「健康を維持する」ことを思い返すのが、モチベーション維持に役立ってきます。

筋肉は加齢と共に徐々に減ってきてしまうものであり、筋肉を維持することは運動機能を保つことだけでなく、体温維持、血液循環の活性化、代謝の促進など、健康全般において非常に大切。

そのため、筋トレのモチベーション維持が難しいと感じた時は、守らなくてはいけないあの人(達)を思い浮かべてみましょう。

筋トレのモチベーション維持方法12)小さい目標を立てる

筋トレで最終的に達成したい大きな目標を立てることは大切です。

しかし同時に、毎日、または毎週達成出来る「小さな目標」を立てることは、モチベーション維持のためにはもっと大切です。

例えば、筋肉量を5kg増やすという目標を立てたとしても、それだけでは毎日のトレーニング維持には繋がりにくかったりします。

そこで、立てた大きな目標をもっと小さなステップに分けていき、半年、3ヶ月、1ヶ月、1週間、1日単位で達成していく目標を立てていきましょう。

例えば、1日で達成出来る目標として、「先週より2.5kg重くしたベンチプレスを10レップ×3セット完遂する」といった感じです。

このように、より小さな目標を積み重ねていくようにしていけば、いずれは大きな目標を達成出来るだけでなく、日々のトレーニングにおいてもモチベーションを維持しやすくなります。

筋トレのモチベーション維持方法13)あえて「出来ないだろう」と言われたことに取り組む

他人に「無理だろう」と言われたウェイトを挙上したり、無理だろうと言われた目標を達成することほど面白いものはありません。

自分の潜在能力を知らない人に「出来ないだろ」と思われたことをパワーに変えれば、辛い筋トレ中であってもモチベーションを高く維持して、大きな力を出していくことが出来ます。

数ヶ月後に無理だと言われた目標を達成して、その人を見返すことを想像しながらトレーニングしていけば、簡単にモチベーション維持が出来るはずです!

筋トレのモチベーション維持方法14)他人に凄いところを見せる

見返しとは関係なく、自分が筋トレで達成したことを周囲の人に見せるのは、筋トレに対してのモチベーション維持に有効です。

近所の人でも家族でも、友人でも恋人でも良いので、自分が達成して凄いと自身があるものを見せてみましょう。

中でも、お世辞にでも褒めてくれる人がいるなら、その人に対して目標達成を報告していくのは、モチベーション維持に凄く有効になります。

ジムに通っているのであれば、筋トレに理解のあるトレーナーなんかに定期的に達成したことを話したり見せたりするのが良いかもです。

自分が達成した目標に対して褒められれば、誰でもやる気が湧いてきて、さらに難しいことにもチャレンジしようというモチベーションにつながってきます。

筋トレのモチベーション維持方法15)トレーニングパートナーを見つける

同じような目標を持った、同じようなレベルのトレーニングパートナーを見つけることが出来れば、筋トレに対してのモチベーション維持が簡単になるかもしれません。

トレーニングが辛いと思った時にも気軽に相談出来たり、一人で行うトレーニングとは違ったトレーニングに取り組むことが出来たりするので、やる気を引き出して維持するには非常に有効な方法になります。

また、ライバルとして競争することで、対抗心を燃やすことになり、負けん気が強い人などは、それが圧倒的なチベーションにつながり、一人で行う筋トレでは難しいモチベーション維持が簡単に出来るようになります。

愚痴りあうのではなく、お互いを刺激し合えるようなトレーニングパートナーを見つけていきましょう。

筋トレのモチベーション維持方法16)他人の相談に乗る

筋トレを続けていく中で、他の人から筋トレに関して相談されたら、積極的にその相談に乗ってあげると、モチベーションを高く維持することになるかも。

困った誰かが自分のところへアドバイスを求めにきた場合、「自分が誰かに必要とされている」とか「頼られている」といった感覚を手に入れることが出来ます。

すると、人によってはもっと筋トレを頑張って、もっと頼られる存在になろうと無意識的に気持ちのスイッチが入り、筋トレに対してのモチベーションを高く維持しやすくなります。

自分を頼っている人がいてくれるのは、凄く素敵なことです!

筋トレのモチベーション維持方法17)楽しんでする!

そして、筋トレのモチベーション維持方法として最も大切なのが、「楽しんでする」こと。

ハードなトレーニングや食事管理などは、楽しみより辛さの方が先行してしまうことが多いかと思いますが、そんな中でも楽しみを見つけることは可能です。

例えば、ハードなトレーニング後に起こる筋肉痛を筋肉が増強されるメッセージだと考えてみたり、食事管理をすることで起こる体脂肪率の変化を楽しみにしてみるなど、人によって様々な方法があるかと思います。

少しでも楽しみに繋がると分かれば、たとえ辛いと感じた時でも、モチベーションを維持しやすくなるはずですよ!

 

モチベーション系はやっぱTestosteroneさんかな?

次の筋トレ記事もおすすめ!

筋トレのモチベーション維持方法!辛いハードなトレーニングや食事管理を乗り切ろう!のまとめ

筋トレのモチベーションを維持するために参考にしたい、17個の方法を紹介してきました。

筋トレや食事管理が辛い時などは、上手く活用していくと良いかもです!

筋トレキャンプでした!

スポンサーリンク
トップへ戻る