初心者さん必見!ランニングの服装、何を着る?冬や雨の日はどうするの?

ランニングする女性

ランニングやジョギングを始めたいけれど、いざ始めようとなると、

「どんな服装がいいんだろう」
「専用のウェアは必要?」
「家にあるジャージでいいのかな」

などと、服装に悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ランニング・ジョギングの初心者に向けて、走るときに適した服装や、ウェアの選び方を解説します。

悩みがちな雨の日や冬、早朝や夜などのランニングに適した服装も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランニングに適切な服装は?

ランニング 女性 歩道橋

ランニングするときの服装は、基本的に動けやすければ、なんでも大丈夫です。
家に残っている学生時代のジャージやスウェットでも、問題はありません。

ただし、「野暮ったい見た目はイヤ」「オシャレな服装で気分をあげたい」「なるべく快適に走りたい」といった人は、専用のランニングウェアを用意するのがよいでしょう。

ランニングウェアは、快適な走りをサポートするためのものです。
通常のジャージやスウェットよりも、軽量で動きやすく、汗による不快感や冷えなどを防いでくれます。

また、最近のランニングウェアには、おしゃれなデザインのものが増えています。
お気に入りの一着が見つかれば、モチベ―ションもあがり、ランニングがより楽しくなるでしょう。

ランニングするときの基本の服装

ランニングの基本的な服装は、次の3点です。

基本の服装

  • Tシャツ
  • パンツ/スカート
  • タイツ(レギンス)

トップスのシャツは季節により、タンクトップ・半袖・長袖を切り替えましょう。

ボトムスには、パンツとスカートがあります。
キュートな印象にしたい場合は、女性ならではのスカートを選ぶのがオススメです。

快適なランニングウェア選びの5つのポイント

ランニングウェア選びでは、次の5つの機能をチェックすることが大切です。

機能 役割
吸水性 体から出る大量の汗を吸収する
速乾性 吸った汗をすぐに乾かし、汗冷えを防ぐ
通気性 汗による湿気を服の外に逃がし、蒸れにくくする
UVカット機能 紫外線をカットする
防臭機能 汗による嫌な臭いや、菌の発生を防ぐ

吸水性・速乾性を備えたウェアは、発汗によるベタつきや、走ったあとの汗冷えをおさえ、体力の低下を防ぎます。

また、通気性のよいウェアは、体温の上昇で熱がこもることにより起こる、脱水症状を防いでくれます。

より快適で安全なランニングにするために、ウェアの機能性はしっかりとチェックしておきましょう。

【季節別】女性のランニングの服装&おしゃれなコーデ例

基本の服装は分かったけど、「季節に合った服装がわからない」「冬はどんな格好がいいの?」と悩む人も多いでしょう。

そこで、季節ごとの最適な服装を、コーデ例と一緒に紹介していきます。

春におすすめな女性の服装

 

View this post on Instagram

 

Yukari Furukawa《かがみどう》さん(@yukari_f_7)がシェアした投稿

春の服装

  • Tシャツ(半袖・長袖)
  • ジャケット
  • パンツ/スカート
  • タイツ

3~4月にかけては、まだ寒い日が多いので、薄手のジャケットを羽織ります。

昼間はTシャツ一枚でも問題ないですが、早朝や夜のランニングは、まだまだ気温が低いため、ジャケットで体温を調節しましょう。

ジャケットの素材は、ジョギングの途中で暑くなり、腰に巻いたときにも走りやすいよう、軽くて薄いものがオススメですよ。

夏におすすめな女性の服装

 

View this post on Instagram

 

IKUYOさん(@rose_waltz12)がシェアした投稿

夏の服装

  • 半袖Tシャツ/タンクトップ
  • パンツ/スカート
  • 夏用の薄手タイツ
  • ツバ付きの帽子
  • サングラス

夏は暑いので、なかにはタイツを履かない人もいるようです。
しかし、タイツは紫外線対策にもなるため、なるべく日焼けをしたくない人は、夏でもタイツを着用するとよいでしょう。

涼しげなメッシュ素材を取り入れたものや、通気に優れた薄手のものなど、夏向けのタイツを選ぶと、より快適に走ることができます。

また、日差しの強い夏は、熱中症対策も万全にしておく必要があります。
通気性のよい、ツバ付きのランニングキャップを着用しましょう。

秋におすすめな女性の服装

秋の服装

  • Tシャツ(半袖・長袖)
  • ジャケット
  • パンツ/スカート
  • タイツ

秋は、春と同じようにジャケットを羽織る服装がオススメです。

ただし、冬よりも気温は高く、走っている途中に暑くなることが多いので、薄手のジャケットを選びましょう。

冬に近づき、ジャケットを着ても寒いような時期になったら、保温性の高いインナーを着たり、厚手のジャケットに変えるなどして調節してくださいね。

冬におすすめな女性の服装

 

View this post on Instagram

 

あこ ako♡さん(@aakogu_family)がシェアした投稿

冬の服装

  • 冬の服装
  • 長袖シャツ
  • ジャケット
  • パンツ/スカート
  • 冬用の厚手タイツ
  • 防寒具(ネックウォーマー、グローブ、ニット帽)

寒い冬の時期は、保温性に優れた冬用タイプのシャツや、生地が厚い冬用タイツなどを選びましょう。

12月ごろまでは薄手のジャケットはでも大丈夫ですが、1~2月の寒さが厳しい時期には、厚手のジャケットを羽織る服装がよいです。

また、ジャケットやインナー以外にも、ネックウォーマーやグローブなどの防寒具を身に着けることをオススメします。

しっかりと防寒対策を工夫していれば、寒さでツラい思いをすることなく、冬ランを快適に楽しむことができますよ。

早朝や通勤時、夜のランニングに適した服装は?

夜のランニング 道路

ランニングをするなら、気温や湿度が高くなる日中よりも、体への負担が少ない朝または夜の時間帯がおすすめです。

早朝・夜のランニングに必要なや、走るのにベストなタイミングを紹介します。

出勤がてら家から会社までの距離を走る、「通勤ラン」に必要なアイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

早朝にランニングするときの服装

朝焼け

早朝ランニングには、次のような服装がオススメです。

早朝にランニングするときの服装

  • 早朝にランニングするときの服装
  • Tシャツ
  • パンツ/スカート
  • タイツ
  • 体温調節用のジャケット

太陽が出始めたばかりの早朝は、まだ薄暗くて肌寒い時間帯です。
そのため、基本の3点に体温調節用のジャケットを加えた服装がよいでしょう。

まだ薄暗い朝の時間帯は、車や自転車の運転者に見つかりやすいよう、明るめカラーのウェアを選ぶと安心です。

早朝ランニングに適した時間帯

  • 朝食の前

早朝にランニングをするときは、朝食前の時間帯がベストタイミング。

朝食前は体内のエネルギーが少ないので、脂肪を燃焼しやすく、1日の代謝アップにも効果的です。

ただし、過度な空腹状態は低血糖になる可能性もあり、かえって危険なので、エネルギーに素早く代わるフルーツなどを摂取してから走りましょう。

また、睡眠中は約200mlほどの水分が出ているため、走る前には、必ずコップ一杯ほどの水分を補給をしてくださいね。

通勤時にランニングをするときの服装

リュックを背負った女性 ランニング

早朝に起きてランニングをするなら、家から会社までの距離を、通勤がてらに走る「通勤ラン」もオススメです。

通勤ランに必要なもの

  • 会社の人に見られても恥ずかしくないウェア
  • 着替え用の服
  • バックパック

通勤ランに必要なものは、上の2つです。

会社に到着したら、着替えられる場所を見つけ、持ってきた別の服に着替えましょう。
着替え用の服や靴など、必然的に荷物が増えるため、多くの物を入れられるバックパックが便利。

会社によってはスーツ出勤がルールのところもあるので、その場合は、帰宅時に走る「帰宅ラン」もオススメですよ。

夜にランニングするときの服装

夜の道路

夜にランニングをする場合は、次のようなアイテムを取り入れた服装がよいでしょう。

夜にランニングするときの服装

  • 体温調節用のジャケット
  • 明るめカラーのウェア
  • リフレクター機能の付いたウェア
  • 取り付けるタイプの反射材やLEDライト

昼間の気温がグッと下がり、冷たい風が吹く夜の時間帯は、防風性に優れたジャケットの着用がオススメです。

また、暗い夜道を走るときは、車や自転車の運転手が見つけやすいような服装を心がけましょう。

黒や紺など暗い色のウェアは避け、白や蛍光色など、明るめの色でリフレクターの付いたものが理想的です。

リフレクター機能がないウェアの場合は、取り付けるタイプの反射材や、ランニング用のLEDライトも活用してくださいね。

夜のランニングに適した時間帯

  • 夕食の2~3時間後
  • 就寝時間の3時間前くらい

夜のランニングは、上記のどちらかの時間帯がベストタイミング。

就寝までに時間がなく、夕食前に走りたい場合は、走る前に軽めの炭水化物をとり、過度な空腹状態を避けてから走りましょう

また、走り終えたあとは、筋肉の修復を促してくれるタンパク質を多く含む食品をとるのがオススメですよ。

雨の日にランニングするときの服装

雨の日のランニング 水溜まり

雨の日のランニングでも、快適に走るために必要なアイテムを紹介します。

雨の日の服装

  • 雨の日のランニングに必要なもの
  • 撥水加工されたジャケット
  • ツバ付きの帽子
  • タイツ

雨の日のランニングでは、降ってきた雨をはじく、撥水性のアウターを着用しましょう。

また、雨のなかを走るときは、ツバ付きの帽子が必須
ツバ付きのランニングキャップは、顔や頭に打ち付けられる雨を避け、視界が悪くなるのを防いでくれます。

さらに、ショート丈のパンツやスカートの下には、タイツを履くことをオススメします。

ランニングタイツを履いていれば、雨が直接肌に当たるのを避けられるだけでなく、雨でぬれたパンツが肌にくっつくこともないので、走りに集中しやすくなるでしょう。

寒いからといって長い丈のパンツを履いてしまうと、パンツがビチョビチョになり、不快感に悩まされることもあります。

そのため、雨の日のランニングには、ショート丈のパンツやスカートに、タイツを合わせた服装がよいでしょう。

ランニングの服装で知っておくべき3つのポイントとは?

ランニングの服装を選ぶときに、知っておきたい3つのポイントを紹介します。

1:タイツ(レギンス)はランニング初心者こそ使おう

スポーツウェアのレギンス タイツ

タイツは肌にぴったりと密着し、足の形がわかりやすくなるため、「できるなら着たくない」「必要な理由がわからない」という人もいるでしょう。

しかし、実は初心者こそランニングタイツの着用がおすすめ。
ランニング用のタイツには2つの種類があり、それぞれ以下のような役割があります。

    • コンプレッションタイプ
      脚に適度な圧力をかけ、ムダな動きを減らすことで疲れにくい状態にする。
    • サポートタイプ
      ひざの関節を支えて痛みを防ぐ、テーピングのような役割。
      走るときに、脚の筋肉の余分なブレをなくし、ムダな疲労をなくす。

このように、ランニングタイツは足の疲労を減らし、快適な走りをサポートしてくれます。
そのため、走りに慣れていない初心者こそ着用すべきアイテムなのです。

また、タイツは足全体をおおうため、夏の紫外線対策や、冬の寒さ対策にも役立ちます。

通年使えるものだけでなく、クール素材を使用した夏用タイツや、保湿性に優れた冬用タイツなども販売されていますので、季節に合ったものを選ぶのもオススメですよ。

2:下着はスポーツ用がおすすめ

スポーツブラジャー

ランニングをするときは、専用のインナーパンツや、スポーツブラジャー・ブラトップを着用するのがオススメです。

一般的な下着では、走り終わったあとに汗でビショビショになり、不快感や汗冷えの原因になります。
スポーツ用の下着なら、通気性や吸収性に優れているため、汗冷えによる体力消耗を防ぐことができますよ。

また、スポーツブラジャーには、胸の揺れを抑えることで、胸が垂れてしまう原因を防ぐ役割があります。
キレイな体型を保ち、より快適なランニングを実現したい人は、スポーツ用下着を使用しましょう。

3:肌寒い季節はジャケットを着用しよう

スポーツ用のジャケット

秋冬や初春などの肌寒い季節には、シャツの上からランニングジャケットを着用しましょう。

ジャケットは冷たい風や小雨を防ぎ、脱いだり着たりすることで体温調節が可能です。

撥水加工がされているジャケットや、フード付きのものを選べば、急に雨が降り出したときも安心。

運動後の体温の低下を防ぐためにも、肌寒い季節は、アウターで体温を調節しましょう。

快適なランニング・ジョギングに必要な必要な5つのものとは?

音楽を聴きながら走る女性

より快適に走るために、ジョギングウェアに加えて持っておきたい、ランニング用品を紹介します。

1:ランニング(ジョギング)シューズ

ランニングシューズ

ランニングをするときの靴は、専用のシューズをおすすめします。

軽いジョギングでも、足や腰には負荷がかかります。
専用のシューズなら、走るときに足や腰にかかる負荷を軽減してくれるため、より快適に走ることができますよ。

ランニングシューズを選ぶときのポイントは、次の4つです。

シューズの選ぶときのポイント

  • 足に合ったサイズ
  • 運動レベルに合ったもの
  • 防水機能がついているか
  • ソールのクッション性

まず第一に、シューズは自分の足のサイズにあったものを選びましょう。
サイズが合っていないと、痛みを感じたり、靴擦れが起きる場合があります。

また、ランニングシューズは、あなたの運動レベルに合ったものを選んでください。

マラソン向きのものやトレイルランニング向きのものなど、シューズにもさまざまな特徴があるため、店頭で購入する場合は、店員さんに聞いてみましょう。

急な雨でも安心で、汚れにくい防水機能がそなわっているかも大事なポイント。

さらに初心者の場合は、足への衝撃を減らしてくれる、ソール(靴底)が厚くクッション性の高いシューズがオススメです。

2:ウエストポーチ

「ランニングするときって、持ち物はどうするの…?」と不思議に思う人も多いのではいでしょうか。

なかには「スマホやお金を身に着けていないと不安」という人もいますよね。

そんなときに便利なのが、ランニング用のウエストポーチ
ランニング用のポーチは、快適に走れるよう、軽くて揺れにくい設計になっています。

ウエストポーチには、次のようなものを入れておくとよいでしょう。

入れておくといいもの

  • 日焼け止め
  • 小銭
  • 絆創膏(ばんそうこう)

脱水症状を防ぐために、ジョギング中の水分補給は、季節を問わず必須です。
さらに、転倒したときに洗い流す用など、水は何かと役に立ちます。

ペットボトル用のポーチも販売されていますので、長時間走る人は、水を持っておくとよいでしょう。

また、いざというときのために、多少の小銭を携帯しておくと便利。
ランニングの途中で飲み物が買えたり、気分が悪くなったり足を痛めたときは、電車やバスで帰ることができます。

3:帽子

夏などの日差しが強い時期には、紫外線対策に、帽子を着用することをオススメします。

通気性に優れた専用のランニングキャップには、多様なデザインの商品が増えています。
ランニングコーデのひとつとして、キャップを取り入れるのもいいですね。

4:ランニングウォッチ

ランニングを習慣化するために、走った距離や時間、心拍数などを正確に記録しておきたい人は、ランニング用の腕時計を準備しておくとよいでしょう。

最近のランニングウォッチには、GPS機能付きでランニングコースを記録できたり、スマホのアプリと連動して、運動記録の分析ができるものもあります。

スマホアプリのなかには、ランニングウォッチと同じような数値が計測できるものもあるので、アプリで代用するのもオススメです。

5:ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンがあれば、ジョギング中に好きな音楽を聴いて、モチベーションをアップさせることができます。

運動が苦手でつづきにくい人も、好きな音楽を聴けば、長時間走ることができたり、ジョギングの習慣が続きやすくなるかも。

ワイヤレスイヤホンは、耳に負担をかけにくい軽量のものや、耳からズレにくい設計のものを選びましょう。

快適な服装でランニングを楽しもう!

ランニング 山 女性

ランニングに適した服装は、走る時期や時間の違いによって異なります。

安全にランニングを続けるためには、オシャレにこだわることも大事ですが、それ以上に季節や運動量に合わせた装備が大切

間違った服装では、体が温まりすぎてしまったり、かえって冷えすぎてしまい、体調不良を起こす場合もあります。

快適で安全なランニングを続けるためにも、まずは専用のウェアをそろえる第一歩から始めてみてはいかがでしょうか!

この記事を書いたのはこの人
トップへ戻る