ストレスマネジメントの方法に運動を!トレーニングを通してストレスをコントロール!筋トレからアウトドアまで

ストレスマネジメントの方法に運動やトレーニングを取り入れることは、とても効果的かもしれません。ストレスをコントロールするためにも、運動が持つ効果やおすすめなトレーニング方法を確認してみましょう。

スポンサーリンク

ストレスマネジメントの方法に運動を取り入れてみませんか?

現代社会では日々の生活で様々なストレスを感じることが多いはず。

ストレス過多の状況が続くと、毎日イライラが続いたり、仕事に集中出来なかったり、鬱になってしまったりと、精神面から悪影響が目立ってきます。

そのため、ストレスをコントロールしていくことが、精神面を正常に保ち、普段の生活を楽しく健康的に送っていくためにも大切になります。

そこで、ストレスマネジメントの方法として、筋トレや有酸素運動など、様々な運動やトレーニングに励んでいってみましょう。

今回は、ストレスマネジメントの方法として運動やトレーニングが効果的な理由から、ストレスをコントロールするために取り入れたい各種運動を紹介していきます。

スポンサーリンク

ストレスマネジメントの方法に運動が良い理由とは?ストレスマネジメントの定義と共に見ていく

ストレスマネジメントに最適なトレーニングには、どのようなエクササイズや運動が含まれるのかを見ていく前に、まずは、簡単なストレスマネジメントの定義を踏まえて、ストレスマネジメントになぜ運動が良いのかの理由を見ていきましょう。

ストレスマネジメントとは、

過度なストレスによって心身に悪影響をきたさないよう、ストレスが一定のレベルを超えないように対策やコントロールを行うこと

(引用:BIZHINT by BIZREACH

と定義されており、ストレスを発散したり、ストレス過多の環境を変えて受けるストレスを少なくする、逆にストレスに対しての耐性を高めて感じにくくしたりと、ストレスによって受ける影響を抑えていく方法全般を指しています。

つまり、ストレス軽減を含め、ストレスのコントロールに役立つものは、基本的にストレスマネジメントの方法として考えることが出来、運動や各種トレーニングによって得られる以下の効果を踏まえた場合、運動に取り組むこともストレスマネジメント方法として優れていると考えることが出来ます。

次に、ストレスのコントロールに運動が良い主だった4つの理由を確認していきましょう。

ストレスコントールに運動が良い主な4つの理由

理由① エンドルフィンを増加させる

筋トレやランニングなど、各種トレーニングを通して体を動かすことは、エンドルフィンと呼ばれる快感を感じる神経伝達物質を脳内で多く分泌していくように促します。

例えば、長距離を走っていくなかで、当初の辛さを我慢しながら継続してランニングを続けていくと、いわゆる「ランナーズハイ」という状態になることがありますが、これがエンドルフィンの効果と言われている典型的な例。

他にも、登山を続けていると、ある地点から辛さより高揚感の方が大きくなったりするのも、エンドルフィンによって、ストレスを感じにくくなった状況であると考えることが出来ます。

(参照:ACTIVE

理由② 動作に集中することでストレスを忘れる

また、トレーニングやスポーツ、他にも体を動かすアクティビティに取り組む際、その動作に集中していくことでストレスの原因となっていることを忘れ、結果としてストレスの軽減につながるといった効果も期待出来ます。

例えば、テニスの打ち合いをしたり、プールで泳いだりする時、または筋トレで自分を追い込んでいる時、その日にあった嫌なことを忘れ、体を動かすことに夢中になっているはずです。

各種運動やトレーニング中は、「体を動かす」ということを通して、一つのことに意識をフォーカスでき、ネガティブなことを一旦忘れ、楽観的な精神状態を作れたり、心を落ち着かせたりすることが出来ます。

これも、ストレスマネジメントの方法として運動が効果的な理由の一つです。

理由③ 睡眠の質を高める

ストレスを溜め込んでしまう原因の一つが睡眠不足。

布団やベッドに入っても眠れない状況が続くと、ストレスが蓄積されていくことになります。

一方、運動やトレーニングに取り組むことは、肉体的な疲労を起こすことになり、夜に疲労感を感じることで、普段は寝つきが悪くても寝つきが良くなり、より深い睡眠を促していく効果があります。

結果として、ストレスの軽減につながってくることになります。

理由④ 自信がつきストレス耐性が高くなる

定期的に筋トレをしたり、スポーツに取り組んだりすることは、肉体的な強化につながっていきます。

さらに、辛いトレーニングをやりきることはまた、自分に対しての自尊心を高めることにつながる。

このように、肉低的にも精神的にも自信を持てるようになると、少しぐらいのことではストレスを感じなくなる精神的な強さを手に入れられるため、結果としてストレスをコントロールする能力が高まると考えることが出来ます。

スポンサーリンク

自分に合った運動やトレーニングでストレスマネジメントに取り組もう!

さて、ストレスマネジメントに関して、その定義からなぜ運動に取り組むことが効果的な方法になるのかを見てきましたが、ここからはストレスをコントロールするためにも試してみたい、おすすめな運動やトレーニングを紹介していきます。

自分に適した運動やトレーニング方法を見つけて、ストレスマネジメントに取り入れていきましょう。

ヒント:ストレス軽減目的で運動をする時は、自分が好きなことに取り組むことが大切

ストレスマネジメント方法1)筋トレ

ダンベルやバーベル、他にもケーブルやトレーニングチューブ、もちろん自分の体重などを利用した筋トレは、ストレスの軽減にも役立つエンドルフィンの分泌に高い効果があるとされるもの。

また、筋トレで鍛えられた筋肉によってたくましくなった体や、引き締まってセクシーになった体は、自分に対する自信を高めることにもつながります。

特に、肉体改造をしたいと考える人にとっては、同時にストレスマネジメント方法として最適な選択肢になるかと思うので、筋トレに取り組んでいってみましょう。

ちなみに、筋トレでエンドルフィンの分泌を高めるためには、動きの中に一つの関節動作しか含まれないアイソレーション種目(単関節種目)より、複数の関節動作が含まれるコンパウンド種目(多関節種目)の方が効果的だとされています。

(参照:LIVESTRNG.COM

ストレスマネジメント方法2)有酸素運動

ランニングやサイクリングなどの有酸素運動のメリットと言えば、心肺機能を強化してくれること。

そして、心肺機能を強化するために心拍数を上昇させることは、エンドルフィンの分泌量の増加に繋がるともされ、自然と気持ちが高揚し、ストレスの軽減に繋がってきます。

有酸素運動は脂肪燃焼効果も高いことから、体脂肪を燃焼したいと考えてる人にとっては、一石二鳥のストレスマネジメント方法になるかもしれません。

有酸素運動によって体も心も軽くなれば、効果的にストレスをコントロールしていけそうです。

ストレスマネジメント方法3)ヨガ

ヨガはストレス解消トレーニングとしても、一般的に広く知られています。

ヨガでは静と動のポーズ、そして呼吸をコントロールしながら心と体の調和を図り、肉体の自然なリラクゼーション反応を引き出してくれるというもの。

また、ヨガには一つのことに意識を集中させる瞑想のようなものも含まれるため、嫌なことを忘れ、感じていたストレスが軽減されることにつながってくる。

このような点から、ストレスマネジメントの方法としてヨガに取り組んでみるのは効果的だと言えそうです。

ただし、パワーヨガと呼ばれる種類のヨガは、リラクゼーション目的には運動が激しすぎて向かないかもしれません。

ストレスマネジメント方法4)ピラティス

ピラティスは一見するとヨガに似ているけど、ドイツ人のジョセフ・ピラティスによって、筋力・柔軟性・持久力・バランスを強化する目的で生み出された、バランス系の運動とマットで行うエクササイズを組み合わせたトレーニング。

トレーニングの中では、独特の呼吸法を通してリラクゼーションの効果があり、また一つの動作に意識を向けることで、頭からストレスの原因となっていることを離し、結果的に気分の改善に繋がってきます。

激しい運動はしたくないけど、体の健康維持にもちょっとした運動を行いたいといった人にとっては、一石二鳥のストレスマネジメント方法になるかと思います。

ストレスマネジメント方法5)太極拳

太極拳はマイペースかつ、流れるような身体の運動と呼吸という2つの要素を含む、動く瞑想と表現されることもある運動。

本来、武術ではありますが、その根底には心をコントロールし(ストレスも一緒にコントロールする)、身体のコンディションを整えるといった側面もあります。

また、型を一度覚えてしまえば、いつでもどこでも練習することができるので、日々の生活の中で気軽にできる、老若男女におすすめなストレスマネジメント方法であると言えます。

ストレスマネジメント方法6)キックボクシング

キックボクシングは、ストレスマネジメントとしてもとても強力なストレス方法。

パンチとキックを繰り出す際に、同時にストレスや怒りを放出することで、ストレスの解消に役立ってきます。

さらに、キックボクシング自体がとても優れたトレーニングであり、続けていくなかでストレス軽減に役立つエンドルフィンの分泌を高めることが可能。

そして他にも、脂肪燃焼や心肺機能の強化、筋肉の増強、さらには強さを身につけることで自信を持つことにもつながるなど、ストレスのコントロールに役立つ効果をたくさん期待していけることになります。

ストレスマネジメント方法7)ズンバ

ズンバは、ヒップホップ、サンバ、サルサ、マンボなど、様々なダンスの動きに加え、スクワットやランジなどの筋トレの動きも多様に取り入れた、ダンスのようなフィットネスプログラム。

エンドルフィンの分泌に繋がる効果を持ち、その上、全身の引き締めや体脂肪の燃焼にもつながるため、ストレスマネジメントの方法としておすすめ。

また、ズンバはグループで行うため、ストレスを一人で抱え混んでいる場合などは、ズンバのグループレッスンを通し、同じような境遇にある人と話をすることで、ストレスの発散にも繋がると考えられるかと思います。

ストレスマネジメント方法8)チームスポーツ

例えばサッカーやバスケットボールなど、いわゆるチームを組んで行うチームスポーツも、ストレスマネジメントの方法として有効。

まず、運動を続けている中で、気分高揚に役立つエンドルフィンの分泌が高まるため、ストレスの軽減につながってくる。

さらに、他の人と一緒に汗を流すことで、自分だけで抱えていたストレスの原因を忘れることが出来たり、悩んでいたことが意外に大したことないように感じられるようになるなど、その効果は抜群。

チームになって競争することが好きな人にとっては、良いストレスマネジメントの方法になるかと思います。

ストレスマネジメント方法9)アウトドアアクティビティ

部屋にこもっているのではなく、天気の良い日に外へ出て、アウトドアの活動に精を出すのも、ストレスのコントロールには有効。

例えば、自転車に乗って新鮮な空気を吸ってみたり、電車に乗って景色の良い山まで行ってちょっとした登山をしてみる、またはもっと簡単に、近所の公園をウォーキングしてみる。

ストレスを感じている普段の環境から解放され、広い屋外へ出ることで気分を向上させ、ストレスの解消につながってきます。

ストレスをコントロールするために確認しておきたいこと

ストレスマネジメントの方法として取り入れたい運動やトレーニングなどを見てきましたが、実際に取り組む際には次の2点を抑えて始めていきましょう。

トレーニング内容を変えてみる

今現在、運動やトレーニングに励んできているけどストレスを感じている場合、その運動やトレーニングを変えてみるのが効果的。

例えば、筋トレを続けている人が大きなストレスを感じている場合、普段行っている筋トレではなく、もっと軽めの運動(ピラティスなど)や、サイクリングなどの有酸素運動に変えてみる。

特に、高強度のトレーニングを行っている場合、運動そのものでもストレスが生じやすいため、そこに普段の生活で大きなストレスが掛かると、効果的にストレス解消出来なくなってしまう可能性があります。

そのため、普段とはちょっと違うタイプの運動に取り組んでみたり、負荷が軽めのトレーニングに取り組むことで気分転換になり、ストレスの軽減につながってくるかもしれません。

少しずつ進める

また、ストレスマネジメントの方法として各種運動やトレーニングに取り組むなら、無理をしないことも重要。

無理をすることでかえってストレスを大きくしてしまうかもしれず、せっかくの運動が逆効果になってしまう可能性があります。

そのため、ランニングを始めるのであれば、例えば5分から始めて、少しずつ走れる時間を伸ばしてみたり、筋トレであれば無理のない回数や負荷から始めて、徐々に増やしていってみる。

無理をしない限り、運動や優れたストレス軽減方法になるため、自分のペースで進めていくようにしましょう。

ストレスマネジメント入門編!

次のフィットネス記事もおすすめ!

ストレスマネジメントの方法に運動を!トレーニングを通してストレスをコントロール!筋トレからアウトドアまでのまとめ

ストレスマネジメントの方法に運動が良い理由を紹介してきました。

運動やトレーニングを通してストレスをコントロールして、日頃から心身ともに健康に過ごしていきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする