美味しいプロテインシェイクの作り方8つのポイント!プロテインに一工夫を!

美味しいプロテインシェイクの作り方として8つのポイントを紹介していきます。プロテインシェイクをただ飲むだけでなく、楽しみながら飲んでいきましょう。

スポンサーリンク

美味しいプロテインシェイクも、トレーニング内容を効果的に組むのと同じように、筋トレの成果を高めるためには大切かも。

プロテインパウダーは、筋肉の増強に大切なタンパク質を効率よく補給するためにも非常に優れたサプリメント。

そのため、プロテインパウダーで作ったプロテインシェイクを美味しく感じることは、大切な栄養補給に対して自然と積極的になり、筋肉の増強をさらに促していくことにつながると言えるかもしれません。

しかし、プロテインパウダーによっては、ただ水に溶かしただけだといまいち美味しくないものが多いのも事実。

でもちょっとだけ手間をかけることで、プロテインシェイクをもっと美味しいものにして、日頃の食事と同じように楽しみながら摂取していけるようになります。

今回は、美味しいプロテインシェイクの作り方として8つのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

プロテインを美味しく飲もう!美味しいプロテインシェイクの作り方8つのポイント!

美味しいプロテインシェイクの作り方① 飲み物の種類を増やす

プロテインシェイクを作る際には、プロテインパウダーを水などの飲み物に合わせることになるかと思いますが、その飲み物の種類を増やしてみるのも、美味しいプロテインシェイクの作り方としておすすめ。

味を変化させて、風味を加える効果的な方法の一つです。

例えば緑茶なら、自然な風味の植物性プロテインを美味しくすることが可能。

一方で、チョコレートやクッキー風味のプロテインパウダーに緑茶は合わないので、シンプルに牛乳を加えるのが、プロテインシェイクを美味しくするためにもおすすめ。

他にベジタリアンやビーガンの人が利用する、ナッツミルク、ライスミルク、ココナッツミルクなどに加え、フルーツジュースなども、種類によっては特定のプロテインパウダーの味とマッチします。

美味しい自分だけのプロテインシェイクを見つけるためにも、様々な飲み物を少量ずつプロテインシェイクと混ぜて合わせ、試していってみましょう。

ちなみに、美味しいプロテインシェイクを作る際に気にしておきたいのが、プロテインパウダーと合わせる飲み物に含まれるカロリー。

ブラックコーヒーやお茶などであれば、ほとんどカロリーは含まれませんが、牛乳やジュースなどは多くのカロリーを含むことになるため、特に減量期間中に利用していく場合は注意しておきましょう。

美味しいプロテインシェイクの作り方② ブレンダーやブレンダーボトルを利用してみる

最近のプロテインパウダーは、簡単に水に溶けやすいものが増えてきたため、基本的にはスプーンでかき混ぜるだけで十分なものが多いですが、中にはそれだけだと塊が残ってしまうものもあります。

特に、ホエイプロテインパウダーならまだしも、カゼインプロテインパウダーなどは、未だに水を加えてスプーンでかき回したり、プロテインシェイカーに入れて振る程度だと、パウダーが完全に溶けずに塊のまま残ってしまうことが多いかと思います。

こうなると、美味しいプロテインシェイクとは言い難い、最悪のシェイクの出来上がりです。

そこで、プロテインパウダーが塊として残らないようにして、美味しいプロテインシェイクを作っていくためにも利用したいのが、ブレンダーやブレンダーボトルを利用してプロテインを完全に攪拌していく方法。

ブレンダーなら、どんなに水に溶けにくいプロテインパウダーであっても、スイッチ一つで完全に溶かしていくことが出来、また、ブレダーボトルは、ボトルの中に泡立て器の役割をするブレンダーボールが入っているため、そのボトルの中でプロテインシェイクを振れば、大抵の場合において、塊を残すことなくしっかりとかき混ぜることが出来ます。

美味しいプロテインシェイクの作り方③ 香料を加えてみる

また、美味しいプロテインシェイクの作り方の中でも、とてもシンプルに味を良くする方法として、香料を加えてみるのもおすすめ。

香料にも色々なものがありますが、特におすすめなのが「バニラエッセンス」、「シナモンパウダー」、「粉状のナツメグ」の3つ。

それぞれ風味が比較的強いので、少量を加えるだけでも、味気ないプロテインシェイクをより風味のあるものに変えることが出来ます。

他にも、ココアパウダーもしくは粗びきのココアなども、味に風味を加えるのでプロテインシェイクを美味しくすることに繋がります。

ちなみに、上に挙げた香料の場合、プロテインシェイクに加えても特にカロリーを増やすことがないため、減量期や増量期に関係なく利用しやすいですが、もしもカロリーが増えてしまうことを気にしないのであれば、ダークチョコレートを細かくしたもの(又はダークチョコチップ)をプロテインシェイクに加えてみましょう。

プロテインシェイクのカロリーは増えてしまいますが、その分風味を増すことが出来るため、美味しいプロテインシェイクを作ることが出来ますよ。

美味しいプロテインシェイクの作り方④ フルーツや野菜を加える

筋トレを行っていく上で、プロテインパウダーから多量に摂取できるタンパク質を摂っていくことは、筋肉を修復して成長させるためにとても有効。

しかし一方で、その筋肉の増強を効率的に引き起こしていくためには、無視されがちなビタミンやミネラルなどの微量栄養素も十分に摂っていくことが大切。

微量栄養素は、筋タンパク質合成の工程において、その工程をより効率的に促進していくよう働きかけることになります。

そこで、美味しいプロテインシェイクの作り方としても、さらに筋肉増強を促す微量栄養素の摂取をしていくためにもおすすめなのが、プロテインシェイクに様々なフルーツや野菜を加えるという方法。

例えば、バナナやベリー系のフルーツなどであれば、プロテインシェイクに加えてブレンダーでかき混ぜることで、そのシェイクの風味を良くし、特にベリー系のフルーツを加えた場合、抗酸化作用を高めることにも繋がってきます。

他にも、ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜を加えてみれば、ビタミンに加えて豊富なミネラルを摂取することが可能になったり、パイナップルを加えれば消化酵素を豊富に取れるようになるため、疲れたトレーニング後などにおすすめになります。

氷を加えてアイススムージーにしてみる!

ちなみに、プロテインシェイクにフルーツや野菜をそのまま加えるだけでも十分に美味しいプロテインシェイクの作り方になりますが、少し生ぬるい感じの仕上がりになるため、人によっては満足出来ないこともあるかもしれません。

そんな時は、ブレンダーの中に氷を加えてかき混ぜて行けば、豊富なタンパク質を同時に摂取できる美味しいグリーンスムージーやフルーツスムージーにしてしまうことが可能。

冷んやりとしているので、暑い夏の間や、トレーニング後に体が火照っている時などには良いかと思います。

スポンサーリンク

美味しいプロテインシェイクの作り方⑤ 脂質を少し加えてみる

美味しい風味を加えるためにも、また、食事の代わりにするプロテインシェイクを作るためにも、元々脂質がほとんど含まれていないプロテインパウダーに、健康的な脂質を加えてプロテインシェイクを美味しく作ってみるなんていう方法もおすすめ。

例えば、プロテインシェイクに、ピーナッツバターやアーモンドバターをスプーン1~2杯分ぐらい加えてブレンダーに掛けてみたり、健康的な脂質を多く含むアボカドを半分ぐらいプロテインシェイクに加えてブレンダーに掛けてみる。

こうすることで、健康増進にも大切なオメガ3脂肪酸などの健康的な脂質をタンパク質と同時に摂取出来るようにしながら、プロテインシェイクをより美味しく、また滑らかな口触りにしていけます。

ただし、どんなに健康的な脂質であったとしても、入れすぎはプロテインシェイク自体をカロリー過多にしてしまいかねないので、加える量に注意したり、減量期間は抑え気味にするなど、利用においては少し注意が必要です。

美味しいプロテインシェイクの作り方⑥ ヨーグルトを加える

ヨーグルトをいつものプロテインシェイクに加えているという方法も、美味しいプロテインシェイクの作り方の一つ。

ヨーグルトを加えることで、水っぽいプロテインシェイクをねっとりとさせ、飲みごたえのあるシェイクに変えることが出来ます。

ヨーグルトベースのプロテインシェイクに関しては、好きな人もいれば苦手という人もおり、好きか嫌いかハッキリと別れることになるかと思うので、自分にとってヨーグルトを加えたプロテインシェイクが合っているか、まずは少量で1~2度試して確かめてみましょう。

また、ヨーグルトの量によってもねっとり感が変わってくるので、これまた少量で色々な割合で試していき、自分にとってベストなヨーグルトの配分を見つけていきます。

ちなみに、ヨーグルトの中でもフローズンヨーグルトを加えてブレンダーに掛ければ、ヨーグルトアイスシェイクを作れたり、ギリシャヨーグルトを加えれば、もっと強くてしっかりした味になる上、タンパク質も余計に多く摂れるようになります。

美味しいプロテインシェイクの作り方⑦ ハチミツを加える!

プロテインシェイクをさらに美味しくしようと思った時に、ハチミツを加えるのも美味しさをアップさせる方法。

ハチミツはビタミンやアミノ酸を豊富に含みながらも吸収性に優れているため、プロテインシェイクに加える場合、特に筋トレ直後のタンパク質や炭水化物を直ぐにでも消化吸収していきたいタイミングなんかにおすすめ。

また、人工的な甘味料を気にして、完全無添加のプロテインパウダーを利用している人の場合、天然食材であるハチミツであれば、安心してプロテインシェイクに甘さを加えるためにも利用していきやすいはず。

ただし、ハチミツは100gあたりおよそ300kcalのカロリーを含んでいたりと、その甘さに比例してカロリーも高いため、プロテインシェイクに加える場合は、全体としてのカロリーを気にしながら利用していくようにしましょう。

美味しいプロテインシェイクの作り方⑧ プロテインパウダーを変える

そして、美味しいプロテインシェイクの作り方を考える際に、頭に入れておきたいのが、そもそもの利用しているプロテインパウダーを変えてみるというシンプルなこと。

プロテインパウダーには、現在非常に多くの種類が存在しているため、今現在使っているプロテインパウダーで作ったシェイクの味に満足出来ないのであれば、単純にパウダー自体を変えてみるのことも検討してみましょう。

また、同じ「バニラ味」であっても、ブランドによっては全く味や舌触りが変わってくることになるため、今現在利用しているパウダーの「味の種類」はそのままで、ブランドを変えてみるのも、効果的な方法になります。

ただ、プロテインパウダーを変えると言っても、たくさんあるパウダーからどのように自分にとって合うものを選んで言ったら良いか迷うこともあるかと思うので、次のポイントも参考にしながら、美味しいプロテインシェイクを作れるプロテインパウダーを見つけていきましょう。

  • インターネットでレビューを読む
    • 第三者の意見も参考にしながら検討してみましょう
    • 特に、複数の人が同じ意見を挙げている場合はより参考にしやすいかと思います
  • 少量ずつ試してみる
    • 美味しいプロテインパウダーを探すことが目的なら、お試し感覚で最も小さなサイズで購入していきましょう
    • 小さなサイズであれば、気に入らなくても直ぐに使い切って、別なパウダーを購入することが出来ます

結構イケてるらしいよ

次の筋トレ記事もおすすめ!

美味しいプロテインシェイクの作り方8つのポイント!プロテインに一工夫を!のまとめ

美味しいプロテインシェイクの作り方として、8つのポイントを紹介してきました。

プロテインに一工夫を加えることで、今まで以上に美味しさを増すことが出来ます。

そうすれば、トレーニングに加えてプロテインシェイクを飲むことも楽しみになって、筋トレの成果をさらに高めていけるかと思います!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする